では、もっと手軽な方法は?と考え、試したのは、雑草を生えにくくする予防措置と同じ「光を遮る」やり方と、黒色が熱を吸収しやすい特性の合わせ技です。

準備したのは、百均で買った黒いゴミ袋と重し用のレンガ。やり方は、ゴミ袋を雑草の生えた部分を覆うように敷き、風で飛ばされないようにレンガで重しをしておくだけです。日向で晴天が続く場合は數日間、あまり日が当たらない場所でも一週間も放置しておけば、ご覧のとおりきれいサッパリ雑草がなくなっていました(生えている雑草の種類、大きさにもよります)。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る