1. まとめトップ

闇金融とは

闇金融とは、破産手続きをした人や多重債務者で
もうこれ以上サラ金等から借入が出来ないような人をターゲットにし、ダイレクトメールや雑誌の広告などで
低利、無担保で融資するという嘘の告知で

国や都道府県に貸金業としての登録を行っていない貸金業者、またはその業務を指す。

なぜ支払能力の無い者を狙うのか?

闇金はお金の回収には自信がある。
法律を守って貸金業をしている業者とは違い、貸したお金の回収には手段を選ばない。
もちろん違法な手段も使い、どうすれば債務者が支払うかよく知っている。
債務者が一番困る事は、勤めている会社や家族、親戚に迷惑がかかる事である。
この心理を利用して債務者の周りに迷惑がかかるようにすれば
お金を工面して支払うので回収できるのである。

闇金融と手を切るには

方法はただ一つ
これ以上お金を支払わないという強い姿勢を見せるだけ。

ヤミ金には返済するという概念がなく、
ただ単に脅してお金をむしりとっているだけです。

言うとおりにお金を返せば終わるというのは、たいていの場合、間違いです。
お金を支払えば支払うほど良いカモだと思われ、
状況が悪化するだけです。

専門家に依頼することの意味

闇金と手を切るために弁護士に依頼することは有効です。

そもそも闇金との金銭消費貸借契約は違法な超高利息を定めた契約であり不法行為であるので、借りた金額を一銭もかえさなくても闇金は返還請求できないものである。

従って、専門家は、闇金に対し、電話あるいは内容証明等で「請求が有れば裁判で請求して下さい。」と通知します。
この専門家が介入した通知により9割の闇金は請求しなくなります。
残りの悪質な闇金は、警察に被害届あるいは告訴状を提出するとともに闇金と戦うことになります。

1





sjhaiskuさん