葛飾北斎が絵手本として発行したスケッチ画集。北斎55歳のとき、名古屋の版元 永楽堂から初編が発行され好評を博す。その後1878年(明治11年)までに全十五編が発行された。人物、風俗、動植物、妖怪変化まで約4000図が描かれている。北斎はこの絵のことを「気の向くままに漫然と描いた画」とよんだ。この絵手本は国内だけでなく、1830年代ヨーロッパに渡り、フランスの画家、クロード・モネ、ゴッホ、ゴーギャンに影響を与えたとされる。

出典北斎ヨガについて | HOKUSAI YOGA ブログ

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

葛飾北斎の漫画を元に考案された江戸時代のヨガとは?

江戸時代にヨガ!?あの「冨嶽三十六景」の浮世絵で有名な葛飾北斎が描くヨガ?とは一体。。。

このまとめを見る