1. まとめトップ

[マクドナルド] 店員も驚く!マクドナルドで注文時に使えるレア技総まとめ

有名どころから意外なものまで、マクドナルドでの変わった注文方法をまとめてみました。

更新日: 2015年05月06日

34 お気に入り 282385 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

プレーン( 味つけをしないこと)

ハンバーガーには通常、マスタードやケチャップ、オニオン、ピクルスが入っていますが、それらの味付けを全てカットしてもらうことができます。

注文方法
「ハンバーガーをプレーンで。」

対象商品
ハンバーガー、チーズバーガー(肉1枚とチーズのみになる)、マックダブル(肉2枚とチーズのみになる)

プレーンの更に上!店員も唸る「グリルシーズニングカット」

マクドナルドのビーフは、焼き上がった際にグリルシーズニング(塩こしょう)を振って味付けしていますが、実はこれもカットすることが可能です(多めは不可)。
このオーダーが入ると店員は新たに肉を焼くところから作らなければなりません(笑)
逆に言うと必ず焼きたての肉が出てくるということです

注文方法
「ハンバーガーのグリルシーズニング抜きで」

対象商品
ビーフ使用商品全て

マフィンのオイルカット

朝マックのマフィンは、焼き上がった際にクッキングオイルで味付けしているそうです。
このオイルも抜いてもらうことができます。
当然、オイル抜きとなると店員はマフィンを焼くところから商品を作らなければなりません。

注文方法
「ソーセージマフィンのオイル抜きで」

対象商品
マフィンを使った商品全て

ナゲットのソースは2個まで無料!3個目からは有料で購入可

ナゲットのソースはナゲット注文時に限り、2つまでならどちらも無料でもらえます。
バーベーキューを2つ、もしくはバーベーキューとマスタード両方と言えば必ず両方もらえます。

注文方法
「ナゲット5ピース、ソース両方で」

ちなみに3つ目からは1つ31円で買うことができます。また、ナゲットを購入せずにバーベキューソースが欲しいときも1つ31円で買うことができます。

ハンバーガー類のトッピングはレタスとチーズ以外全て増減可能

クォーターパウンダーやビッグマックなど、マクドナルドのハンバーガー類には色々な種類の商品がありますが、基本的にレタスとチーズ以外のトッピングは全て増減可能です(ベーコンレタスバーガーのベーコン、ツナマフィンのツナは除く)。
ソースを多くすることができるのもポイントです。

注文方法
「ビッグマックのソース多め、オニオン抜きでピクルス多め」

「ハンバーガーのケチャップとマスタード多いめで」

ドリンクの氷抜き

ドリンクは全て氷を抜いてもらうことが可能です
氷を抜く分、量が多くなりますが少しぬるくなることも。

また、氷少なめ、多い目と言えばその通り対応してくれる店舗もあります。

注文方法
「ドリンクは氷抜いてください」

コーヒー、紅茶の砂糖、シロップは言えば多くもらえる

コーヒーや紅茶のフレッシュ、シュガーは頼めば多くもらえます。常識的な範囲に限られますけどね。

注文方法
「ミルクと砂糖6個ずつで」

○○を揚げたて

有名ですがポテトは揚げたてにしてもらうことが可能です。

店舗によってはナゲットやチキンクリスプのチキンの揚げたてにも対応してくれるそうです。

注文方法
「フィレオフィッシュ揚げたてで」

セットのポテトをサラダに変更

マクドナルドのセットは通常、ポテトとドリンクがついてきますが、+61円でポテトをサラダに変更することができます。
ちなみにサラダは単品での購入も可能です。

注文方法
「てりやきマックバーガーのサラダセットで」

セットのドリンクをMcCafeに変更

ハッピーセット、クーポンで注文したセット以外の場合、+61円でドリンクをMcCafeに変更することが可能です。

注文方法
「セットのドリンクをアイスカフェモカで」

ドライブスルーであらかじめドリンクにストローを通してもらえる方法

ドライブスルーで商品を購入する場合、店員さんに頼めばドリンクにストローを通した状態で渡してもらうことが可能です。

注文方法
「アイスコーヒーSサイズで。ミルクとシロップ両方2個ずつでストロー通しておいてください」」

ケチャップください

ケチャップください!と言えばタダでもらうことができます。

1