1. まとめトップ
  2. ガールズ

【美肌】最近、注目されてるエラスチンの効果!肌のハリに重要な美容成分が気になる!

肌の弾力を助ける成分はコラーゲンが有名ですが、近年注目されている成分に『エラスチン』があります。食品からの摂取が難しくサプリメントで取り入れるのが効果的?美容に重要な成分と考えられているエラスチンが気になる!

更新日: 2014年05月13日

222 お気に入り 79264 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

うさGさん

エラスチンとは

人気美容成分“エラスチン”の語源は英語の「elastic(弾力のある・しなやかな)」。語源からも伝わるように、エラスチンはハリのある毎日には必要不可欠な美容成分です。

エラスチンとは、主にコラーゲン同士を結びつける働きを持つ繊維状のたんぱく質です。

しわやたるみ、動脈硬化の予防に働きかけるといわれています。

最近わかってきたエラスチンの性質

近年になりエラスチンを溶剤に溶かす方法が確立されて以降、急速に研究が進み、その性質や体内での役割が次第に明らかにされてきました。

少ないけど重要なエラスチン

肌の弾力を保っている真皮を構成するのはコラーゲンが約70%と圧倒的に多く、エラスチンは2%前後にすぎない。しかし、エラスチンがコラーゲンをしっかり束ねて皮膚の弾性を維持している。

肌のハリや弾力を保つには、ヒアルロン酸やコラーゲンに加え、それらを支えるエラスチンの存在が非常に重要な役割を果たしているのです。

エラスチン量のピークは20代といわれている

コラーゲン線維を束ね真皮を支えているが、皮膚中のエラスチン量は20歳代後半をピークに減少していくことから、若々しいお肌に重要な成分といわれています。

体内のエラスチンの量は25歳頃をピークに年齢とともにゆるやかに減少し、40歳代を過ぎると急激に減少スピードが速まります。

しわが出来るのをできるだけ遅らせたいなら若いうちからアンチエイジング対策が必要となります。

エラスチンが不足すると肌の弾力が失われると考えられている

エラスチンが減少すると、肌の弾力が失われしわやたるみが生じたり、血管の老化が早まり動脈硬化や心筋梗塞、脳血栓などの重大な病気のリスクが高まると考えられています。

エラスチン不足は、化粧ノリなどにも影響しキレイを目指す女性にとってはまさに大問題。

エラスチンの効果的な摂取方法

コラーゲンやヒアルロン酸とともに重要な成分で、一緒に摂ることでさらに美しさに磨きがかかると言われています。

食材からの摂取は難しいことが多く、分子が大きいため吸収されにくいというデメリットがあります。
ですから、低分子に生成された、体内に取り込まれやすいサプリメントを使って摂取するのが効果的です。

エラスチンは食品から摂取しづらい成分であるため、サプリメントをうまく取り入れて補うことが効率的であるとされています。

食品からの摂取は難しいみたいだけど・・・エラスチンを多く含む食材とは

エラスチンは、牛の大動脈やカツオの動脈球などに多く含まれています。

1 2