1. まとめトップ

足の臭さを何とかしたい時におすすめの方法

脱いだ時にモワァとなんともいえない臭いが充満した経験はありませんか。特に仕事でストッキングにヒールだったりすると、臭いがストレートに鼻に伝わるので、ケアには十分注意が必要です。

更新日: 2018年03月20日

17 お気に入り 19359 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

10020408さん

お風呂で足の裏を念入りに洗う

保湿成分が多いボディーシャンプーや石鹸を使わず、殺菌効果の高い固形石鹸、または素足専用シャンプーで足を洗ってください。保湿成分が含まれているシャンプーや石鹸を使うと、必要以上に足が保湿され靴の中で蒸れやすくなります。

履いていない時は消臭剤を置く

できる限り素足

できるだけ素足で過ごすことで、足の蒸れを防ぎ臭いや水虫の発生を抑えることができます。可能であれば会社やオフィスでもスリッパを履くなど、足への通気性をよくしてあげると効果的です。

寝るまで同じ靴下を履いたままという人も、同じ靴を履きっぱなしでいるのと同じ。靴下で足が密閉状態になることで、雑菌の繁殖しやすい環境をつくってしまっています。

緊急時には、トイレで消臭!

・靴下やストッキングを履き替える
・汗拭きシート、なければウェットティッシュや濡らしたティッシュで足を拭く
・消臭スプレーで臭いを覆う

パンスト・ストッキングの悩み

ストッキングは細い化学繊維で出来ているので汗や水分を吸収する力はほとんどありません。

これでは素足で靴を履いているのと同じ事で、靴の中はにおいの原因となる雑菌やバクテリアだらけになってしまします。

・中敷

足の裏の汗を吸収して除菌もしてくれる、消臭インソールを使うのもおすすめです。

つま先用のものや使い捨てタイプなど、必要に応じて使い分けられるので便利です。

・つま先ソックス

ストッキングの下にはくと効果的です。汗をすばやく吸収してくれるので、足やストッキングがにおう心配がありません。

靴下を選ぶときには、速乾タイプのものを選択するようにしましょう。

出典http://mdpr.jp/column/detail/1456299

・消臭スプレーや汗ふきシート

汗ふきとりシート体用の汗ふき取りシートで、足の指を丁寧にふき取ります。これをお昼休みに1回行うだけで、足のにおいはかなりリセットされます。

オフィス内と外出で靴を分ける

通勤時の靴と会社で履く靴を分けるという方法もあります。会社用は、通気性の良いサンダルや水洗いができる合皮製のサンダルなど、通気性やお手入れのしやすさを基準に選びましょう。

同じ靴を履き続けるとニオイがこもりやすくなるため、通勤時も複数の靴をローテーションして履くように心がけてください。その際、一日履いた靴は風通しの良い場所に陰干ししておくと、殺菌効果があり、ニオイを解消できます。

ブーツの臭い

一日履いたブーツの中は湿度が高く細菌がたくさん繁殖している状態です。一晩おいておけばOKと考えてはいけません。できれば、丸1日は乾燥させることが重要です。

そのためには、ブーツはローテーションさせて履くこと。今靴箱にブーツが1足しかない人は、できれば2足以上にしてローテーションできるようにしましょう。

出典http://mdpr.jp/column/detail/1456299

重曹を使い古したストッキングなどにいれ、口を結びます。それをブーツの中に入れるだけで完了です。これで、消臭や湿気取りができますよ。

出典http://mdpr.jp/column/detail/1456299

靴を休ませる

靴を休ませ、ローテーションする事は立派な消臭ケアです。一日履いた靴は、水分や湿気が取れ切れるまで最低2日は必要です。
湿気が取れ切れず、同じ靴を履き続けると臭いの元になるので、しっかり靴を休ませましょう。

一番手っ取り早い方法かもしれません。靴にいるバクテリアなどの雑菌は、冷凍庫の温度では、ほとんど生き残る事が出来ません。ジップロックなどに入れて一晩冷凍庫に入れておくと、臭いが消えます。

1 2