1. まとめトップ

2008年12月30日から行われた、第87回全国高等学校サッカー選手権大会準々決勝において、

鹿児島城西のFW大迫勇也と対峙した、滝川第二の主将DF・中西隆裕さんから名言が発せられた。

滝沢第二高校は兵庫県の強豪校

兵庫県の強豪である滝川第二高校では先輩に岡崎慎司(レスター・シティFC)、木島悠、森島康仁(川崎フロンターレ)、加地亮 、波戸康広がいる。

 中西隆裕さん在籍時にも、2年先輩に金崎夢生(鹿島アントラーズ)、橘章斗(元清水エスパルス)。2年後輩に樋口寛規(清水エスパルス)がいた。

2007年 滝二高は名将黒田和生監督が退任していた

滝川第二は昨年度、全国大会から姿を消した。原因は黒田和生前監督の退任だった。2007年4月にヴィッセル神戸の育成部長に就任した黒田前監督は、兵庫県だけでなく全国にも名をとどろかせる名将。その影響力は絶大で、カリスマを失ったことはチームにとって大きな打撃だった

カリスマを失った不安は的中、地方大会にも勝てなくなる。

見返そうという気持ちから選手たちが自主的にミーティングを重ねて自分たちのサッカーについて語り合った。

中西隆裕さんは代わりに就任した“かこい監督”の下、主将として復活に貢献した功労者だった。












あの、全国大会ベスト16は快挙だったのだ。






ロッカールームの名言

で「もう泣かんとこう」って、みんなに声掛けたんです。その後にテレビカメラが入ってきて、和ませようという気持ちもあって、本音ではありますが、あの言葉が出た

やりきった 爽やかさと
明るくしたい 優しさからの態度だった。

反響の大きさ

Youtube の再生回数450万回超え

大学入学した時も『大迫半端ない』の人じゃない?って声掛けられました(笑)。サッカー部の飲み会とかで先輩に、「大迫のところ、おれの名前に換えて言って」なんて言われてやらされたりしましたね(笑)

いwwじwwられwwてるww

しかし大学時代はスタンドからの応援がメイン。
屈辱の生活を送る。

滝二高は2年後89回大会で見事全国優勝

「人の役に立てる社会人」になりたいです。特に銀行の営業職なんで、お金の面で企業の方をサポートできればと考えています。

伝説の動画

リンク

1





何が人気があるのか。社会に求められているものは何か。社会に足りないものは何か、こたえを求めるためにまとめに参加します。

このまとめに参加する