1. まとめトップ

気になるNY為替や円、米ドル、ユーロ、豪ドルなどの為替市場の概況

FXや投資で金融市場の情報を集めており、それらを時系列でまとめることで、さらに有益な情報になるのではと思います。また為替に影響を与える経済ニュースも随時更新します。

更新日: 2019年04月19日

27 お気に入り 248727 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

NY為替:米経済指標の改善を受けてユーロ売り強まる

18日のニューヨーク外為市場でドル・円は、111円90銭から112円03銭まで上昇した後、一時111円85銭まで売られたが、111円95銭で引けた。市場想を上回った3月の米小売売上高や前週分の新規失業保険申請件数が市場予想を下回ったことから、米国経済の成長期待を受けたドル買いが優勢となった。

ユーロ・ドルは、1.1254ドルから1.1226ドルまで下落し、1.1230ドルで引けた。ユーロ圏内の低調な経済指標を嫌気したユーロ売りは継続した。ユーロ・円は、125円92銭から125円65銭まで下落した。リスク回避的なユーロ売りが観測された。ポンド・ドルは、1.3022ドルから1.2979ドルまで下落した。ドル・スイスは、1.0115フランから1.0160フランまで一段高となった。ユーロ安・米ドル高を意識した値動きとなった。

NY為替:2月米貿易赤字縮小を好感したドル買い

17日のニューヨーク外為市場でドル・円は、111円93銭から112円12銭まで上昇し、112円05銭で引けた。米国の2月貿易赤字が予想外に縮小し、1-3月期国内総生産(GDP)の成長見通しが引き上げられたほか、米中貿易協議は早ければ5月末にも合意成立の見通しとなったことから、リスク選好的なドル買い・円売りが優勢となった。米地区連銀経済報告(ベージュブック)でも緩やかな成長が継続していることが確認されてり、ドル買いは継続した。

ユーロ・ドルは、1.1308ドルから1.1291ドルまでじり安推移し、1.1297ドルで引けた。ユーロ・円は、126円39銭から126円65銭まで反発した。ポンド・ドルは、1.3059ドルから1.3029ドルまで下落した。ドル・スイスは、1.0077フランから1.0110フランまで上昇した。

4月16日のNY為替概況

16日のニューヨーク外為市場でドル・円は、112円04銭へ上昇後、111円90銭まで反落し、112円00銭で引けた。米国の3月設備稼働率が予想を下回りドル売りが強まったのち、4月NAHB住宅市場指数が予想通り半年ぶりの高水準になり米債利回りの上昇に伴うドル買いが再燃した。

ユーロ・ドルは、1.1312ドルから1.1280ドルまで下落し1.1285ドルで引けた。

ユーロ・円は、126円64銭から126円35銭まで下落。

ポンド・ドルは、1.3095ドルから1.3043ドルまで下落した。

ドル・スイスは、1.0056フランから1.0082フランまで上昇した。

NY為替:米経済指標改善でドル下げ渋り

15日のニューヨーク外為市場でドル・円は、111円95銭から112円08銭まで上昇し、112円04銭で引けた。米国の4月NY連銀製造業景気指数が予想を上回りドル買いが優勢となった。ただ、その後は日米通商協議控えてドルは伸び悩んだ。

ユーロ・ドルは、1.1316ドルから1.1298ドルまで下落し、1.1303ドルで引けた。欧州連合(EU)が米国との貿易交渉の再開を発表したが、ビルロワ・ドガロー仏中央銀行総裁が「上半期成長は予想をかなり下回る可能性がある」と警告したほか、欧州中央銀行(ECB)の「大規模な刺激策の公約」を再確認したため、ユーロ売りが優勢となった。ユーロ・円は、126円79銭まで上昇後、126円55銭まで反落。ポンド・ドルは、1.3119ドルまで上昇後、1.3087ドルまで下落した。ドル・スイスは、1.0024フランから1.0047フランまで上昇した。

【ドル円週間見通し】米株高基調継続でドルは底堅い展開か

今週のドル・円は底堅い展開か。3月19-20日に開催された米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨からハト派寄りの金融政策スタンスが鮮明になり、米国株式は上昇基調が続く見通しとなりつつある。ドルは米国株高に連動し、売りづらい展開となりそうだ。

足元では雇用統計など堅調な内容の経済指標も散見されており、小売売上高やフィラデルフィア製造業景気指数などの経済指標が堅調だった場合、株高を通じてリスク選好的なドル買いに振れやすいだろう。一方、欧州中央銀行(ECB)は少なくとも2019年末までの政策金利据え置き、緩和的な金融政策を堅持する方針を表明している。金利要因でドルが消去法的に選好される可能性もあろう。

ただ、今週15-16日にワシントンで開催予定の日米通商協議では、関税だけにとどまらず為替問題に議論が及ぶことが予想されている。トランプ政権は貿易赤字是正を目指し、相手国の通貨安政策を封じており、今回の交渉で為替問題(通貨安のけん制)がテーマに含まれた場合、思惑的な円買いを招く場面もありそうだ。このタイミングで米国の主要経済指標が市場予想を下回った場合、リスク回避的なドル売り・円買いが強まる可能性があることを留意すべきだろう。

来週の相場で注目すべき3つのポイント:日米物品貿易協定、米国企業決算、中国GDP

来週のドル・円は底堅い展開か。3月19-20日に開催された米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨は、米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げに慎重なハト派寄りの金融政策スタンスにシフトしたことを示唆する内容だった。利上げ局面の終了を意識して米国株式は上昇を続ける可能性があり、米国株高を意識してリスク回避的なドル売りは抑制される展開となりそうだ。直近の雇用関連指標は良好であり、今週発表される小売売上高やフィラデルフィア製造業景気指数などの経済指標が堅調だった場合、株高を通じてリスク選好的なドル買いに振れやすいだろう。

一方、欧州中央銀行(ECB)は、少なくとも2019年末までの政策金利据え置きと緩和的な金融政策を堅持する方針を表明している。金利要因でドルが選好される可能性もあろう。ただ、今週15-16日にワシントンで開催予定の日米通商交渉では、関税だけにとどまらず為替問題に議論が及ぶ可能性がある。

トランプ政権は貿易赤字是正を目指し、相手国の通貨安政策を封じており、今回の交渉で為替問題(通貨安のけん制)がテーマに含まれた場合、思惑的な円買いを招く場面もありそうだ。このタイミングで米国の主要経済指標が市場予想を下回った場合、リスク回避的なドル売り・円買いが強まる可能性は否定できない。

4月12日のNY為替・原油概況

12日のニューヨーク外為市場でドル・円は、111円86銭から112円04銭まで上昇し、高値で引けた。良好な中国の貿易関連指標や米金融機関の好決算を好感しリスク選好の円売りが優勢となった。また、予想を上回った米3月輸入物価指数で債券利回り上昇に伴うドル買いも強まった。

ユーロ・ドルは、1.1324ドルから1.1294ドルまで下落し1.1295ドルで引けた。

ユーロ・円は、126円77銭から126円52銭まで下落。

ポンド・ドルは、1.3133ドルまで上昇後、1.3078ドルまで下落した。英国のハモンド財務相が「労働との離脱協議、間もなく合意する確率高い」との楽観的な見通しが好感され一時ポンド買いが強まったものの、離脱延期で行方にはさらなる不透明感がひろがったとの懸念を受けたポンド売りに上値も抑制された。

ドル・スイスは、0.9997フランまで下落後、1.0024フランまで上昇した。

NY為替:米長期金利上昇でドル買い強まる

11日のニューヨーク外為市場でドル・円は、111円18銭から111円70銭まで上昇し、111円65銭で引けた。米3月生産者物価指数が予想を上回ったほか、米週次失業保険申請件数は20万件を下回るなど良好な結果受けて、利下げ観測は一段と後退した。米30年債入札結果を受けた債券利回りの上昇に伴いドル買いが優勢となった。

ユーロ・ドルは、1.1276ドルから1.1250ドルまで下落し、1.1255ドルで引けた。ドイツ政府は2019年の経済成長見通しを従来の1.0%から0.5%に引き下げたと地元紙シュピーゲルが報じユーロ売りが強まった。ユーロ・円は、125円25銭から125円72銭まで上昇。ポンド・ドルは、1.3095ドルから1.3051ドルまで下落した。
英国が欧州連合(EU)離脱を延期し無秩序な離脱がとりあえず回避される見込みとなったが、大きな問題は未解決であり、ポンド売りは継続。ドル・スイスは、1.0046フランまで上昇後、1.0022フランまで反落した。

NY為替:米3月コアインフレ率鈍化でドル売り

10日のニューヨーク外為市場でドル・円は、111円28銭から一時110円84銭まで下落したが、111円01銭で引けた。米3月消費者物価コア指数が予想を下回ったことや、米国債利回りの低下に伴うドル売りが優勢となった。

ユーロ・ドルは、1.1287ドルまで上昇後、1.1230ドルまで反落し、1.1275ドルで引けた。欧州中央銀行(ECB)は予想通り政策金利を据え置いたが、TLTRO(条件付き長期リファイナンスオペ)の詳細が発表されなかったため、ユーロ買いが優勢となった。その後の会見でドラギ総裁が「経済が依然弱く、リスクも下方に傾斜している」との見方を示したことから、ユーロ売りが広がったが、押し目買いが入ったことで下げ渋った。ユーロ・円は、125円45銭まで上昇後、124円78銭まで反落。ポンド・ドルは、1.3055ドルから1.3120ドルまで上昇し、1.3094ドルで引けた。英国が無秩序な離脱を回避するとの期待にポンド買いが再燃。ドル・スイスは、0.9991フランまで下落後、1.0034フランまで反発した。

EU、条件付きで英離脱期限を再延期へ=首脳声明草案

欧州連合(EU)が一定の条件下で英国の離脱期限を再延期することで合意する方針であることが、ロイターが入手したEU首脳声明の草案で明らかになった。

条件には欧州議会選挙への参加などが含まれているが、こうした条件が順守されなかった場合、英国は6月1日付で離脱する公算が大きい。ただこの日の夕方にブリュッセルで各国代表が討議を行うため、現時点では草案にはいつまで延期するのか具体的には記されていない。

声明草案は、「離脱協定案の批准を可能にするために」離脱延期に合意するとしている。ただ英国とEUの双方が合意に至れば、延期期間終了前の離脱も可能としている。

4月9日のNY為替概況

9日のニューヨーク外為市場でドル・円は、111円36銭から110円98銭まで下落し111円10銭で引けた。国際通貨基金(IMF)が2019年の世界経済の成長見通しを金融危機以降の低水準に引き下げたほか米国政府が対欧州連合(EU)輸入品に報復関税措置を警告したため米債利回りが低下、ドル売りが優勢となった。リスク回避の円買いも加速。

ユーロ・ドルは、1.1284ドルまで上昇後、1.1262ドルまで反落し1.1260ドルで引けた。米債利回り低下に伴うドル売りが優勢となったのち、米国が対EU輸入品に報復関税措置を警告したことで警戒感が広がりユーロ売りに拍車がかかった。

ユーロ・円は、125円56銭から125円14銭まで下落。

ポンド・ドルは、1.3082ドルから1.3031ドルまで下落した。欧州連合(EU)サミットを控えて、調整や警戒感からポンド売りが優勢となった。

ドル・スイスは、0.9980フランまで下落後、1.0009フランまで反発した。

リスク警戒の円高やや優勢=東京為替前場概況

1 2 3 4 5 ... 326 327