1. まとめトップ

【パシリム】ギレルモ・デル・トロ監督ってこんな人【ヘルボーイ】

ギレルモ・デル・トロ監督の経歴を振り返りながら監督・脚本作品をまとめてみました。

更新日: 2016年08月22日

1 お気に入り 6361 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nemiconさん

代表作は『パシフィックリム』『ヘルボーイ』

1964年10月9日生まれ
メキシコ・グアダラハラ出身
映画監督・脚本家・小説家
代表作:「パシフィックリム」「ヘルボーイ」「パンンズラビリンス」
日本のマンガや特撮映画、ロボットアニメに影響を受けており、中でも円谷英二を尊敬している

今は新作『クリムゾンピーク(Crimson peak)』を撮影中だそうです。
そんな彼の作品をまとめてみました。

メキシコ出身/特撮とホラーが大好きなデルトロ監督

少年時代から映画作りに勤しみ、やがては大御所メイクアップ・アーティスト、ディック・スミスのもとで特殊メイクアップや特殊効果を学ぶ。

ディック・スミス/アメリカ合衆国のメイクアップアーティスト

その経験を積みながら短編やTVシリーズを手掛けた後、1992年「クロノス」で劇場長編初メガホン。

『クロノス』(Cronos)

骨董商人のヘススがブローチを手に入れ、いじったところ、秘薬が注入された。 そのブローチ「クロノス」に仕込まれた秘薬によりヘススは若返るが、血に渇望するようになった。 それから、ヘススは血を求めるクロノスの要求に応じるようになった。 その矢先、富豪がクロノス目当てにヘススを甥に殺させるが、蘇ったヘススは異形の怪物となった。

これが数々の映画賞に輝くなど飛躍のきっかけとなり、「ミミック」(97)でハリウッド・デビューを果たす。

『ミミック』(Mimic)

遺伝子操作により現れた新種の昆虫と人間との戦いを描くSFホラー。キャッチコピーは「遺伝子が泣き叫ぶ」。

2001年にはペドロ・アルモドバル共同製作による「デビルズ・バックボーン」を監督。

『デビルズ・バックボーン』(El Espinazo del Diablo)

またウェズリー・スナイプス主演の人気シリーズ続編「ブレイド2」(02)を演出し、大ヒットとなった。

ブレイド2 (Blade II)

ヴァンパイアと人間の混血児で日夜ヴァンパイアを狩るハンター、ブレイドが主人公のホラーアクション映画。

★初期の作品はホラーが多いですね。

04年には原作コミックの大ファンで念願だった「ヘルボーイ」の映画化を実現。

ヘルボーイ(Hellboy)

1 2