1945年12月、当時在ソ連大使館参事官だった亀山一二氏が作成したもので、「日米交渉開始前後1カ年くらいの間に(中略)暗号の解読せられ居る疑ある旨の情報あり」との回想が記されているという。

日本の暗号が解読された原因としては、当時、日本の暗号理論と技術が国際的な水準よりもはるかに遅れていたためであり、今後もこうした状況が続くならば、「国際場裡に於ける活動へ絶大なる不利を招くこと必然なり」と警鐘を鳴らしている。

出典外務省幹部、戦前日本の暗号体制を「幼稚」と指摘 : Intelligence News and Reports

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

太平洋戦争開戦経緯 あるいは日米挑発合戦

未完成です。間違って公表中。ぼちぼち完成させます。

このまとめを見る