1931(昭和6)年に満洲事変が勃発して、日本が国際的に非難されていた時、アメリカの広告会社が大挙してワシントンの日本大使館に押しかけ、「われわれが日本の言い分をアメリカの世論に大々的にキャンペーンしてあげます。だから契約書にサインを」と迫ってきた。

 日本の大使は、こんなプロパガンダなどは「外交には無縁」と、すべて断って追い返してしまった。すると、彼らはその場でタクシーに乗って中国大使館に行き、大々的な契約を結んだ。その結果、その後に起こった上海事変も、日本側が引きずりこまれたにも関わらず[e]、日本側から武力を使ったように歪めて報じられ、欧米で反日感情が沸き起こった。[1,p66]

 我が国が日中戦争、日米対立から大東亜戦争開戦へと悲劇の道を進んでいく過程の裏には、蒋介石政権によるきわめて活発な対米ロビー活動があり、非合法のルートも使われて米側に資金が流れていた。そうした史料が最近、公開され始めている。

出典No.682 インテリジェンス大国・中国、情報音痴の日本:国際派日本人養成講座

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

太平洋戦争開戦経緯 あるいは日米挑発合戦

未完成です。間違って公表中。ぼちぼち完成させます。

このまとめを見る