1. まとめトップ

もうすぐW杯開幕!見れば期待感高まる日本代表23名のプレー集まとめ

柿谷曜一朗→大迫勇也→大久保嘉人→本田圭佑→香川真司→岡崎慎司→清武弘嗣→遠藤保仁→長谷部誠→斎藤学→山口螢→青山敏弘→長友佑都→内田篤人→吉田麻也→今野泰幸→酒井高徳→酒井宏樹→森重真人→伊野波雅彦→川島永嗣→西川周作→権田修一サッカー日本代表のクラブでのプレー動画です!

更新日: 2014年05月16日

6 お気に入り 5257 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

はんけちさん

FW

柿谷曜一朗 セレッソ大阪

ドリブルをする際の姿勢が良く、顔を上げているため、対面する相手の動きを把握して、瞬時にプレーを変更出来るのも強み

大迫勇也 1860ミュンヘン

視野も広くパスセンスにも優れているので、くさびの部分から様々な展開が期待でき、所謂ポストプレーからの柔軟性も兼ね備えている。得点後に飛行機ポーズをとりチームメイトを呼び寄せる。

大久保嘉人 川崎フロンターレ

前回2010年南アフリカW杯出場経験者。
貪欲にゴールを狙う姿勢、熱いプレーが持ち味。

2013年7月15日、J1第16節浦和レッズ戦でJ1通算100ゴールを達成した。その後も磐田戦、大分戦などで終了直前に決勝点を挙げるなど、チームの攻撃サッカーを牽引。移籍1年目でキャリア最多の26得点を記録し得点王に輝いた。

MF

本田圭佑 ACミラン

日本代表のエース。
今年からイタリア、セリエAの名門ACミランでプレーしている。
2010年、南アフリカW杯の時以上の活躍を期待したい。

香川真司 マンチェスターユナイテッド

言わずとしれた日本代表の背番号10番。足元のテクニック・状況判断能力に優れておりペナルティエリア内でのプレーが得意。
2010年、南アフリカW杯に出場できなかった悔しさをバネにココまでやってきたとも話す。

岡崎慎司 マインツ05

今季絶好調のストライカー。
日本人欧州得点記録を更新する15ゴールをマーク。
泥臭いプレーでゴールを狙う姿勢は4年前と変わらず技術力は上がっており期待したい。

清武弘嗣 FCニュルンベルク

足元の卓越したボールテクニック豊富な運動量・視野の広さ・危険なポジションに入って行き決定機を演出出来る。

遠藤保仁 ガンバ大阪

現日本代表で最も代表歴が長いベテラン。
日本代表の心臓と呼ばれる男。状況判断能力に優れフリーキックも得意としている。
2010年、南アフリカW杯でフリーキックで1得点をマーク。

長谷部誠 FCニュルンベルク

日本代表のキャプテン。
代表一真面目な男。今シーズンはケガに泣かされたが現在は90%程度回復しておりリハビリ中に筋力アップのトレーニングをしていて体はキレていると話す。

斎藤学 横浜F・マリノス

ハマのメッシと呼ばれる程、ドリブルを得意とする。
日本代表のジョーカーになるか。

山口螢 セレッソ大阪

1 2 3