研究の結果、グリオーマと髄膜腫の患者では、営業の仕事などのために携帯電話の使用時間が長い傾向にあることが明らかになりました。

出典長時間の携帯電話使用によって脳腫瘍のリスクが増加 | 最新健康ニュース

携帯電話の使用時間が長かった期間は2~10年間(平均で5年間)だったとのことです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ホントなの!?携帯電話で通話する時間が長いほど脳腫瘍になる確率が増すらしい

以前から指摘されては否定されを繰り返してきた「携帯電話と脳腫瘍の関係」ですが、最近新たに頻繁に携帯電話で通話する人は脳腫瘍になりやすいという研究結果が発せられています。その関係に終止符を打つべく、しっかりとまとめてみたいと思います。

このまとめを見る