発端は、2011年5月に国際がん研究機関(IARC)がリリースした発表文だった。ケータイなどに使われている無線周波電磁界の発がん性評価について、4段階のうち上から3番目(2B=あるかもしれない)に位置づけたのだ

出典【ビジネスの裏側】都市伝説か科学的見解か「携帯の電波に発がん性」…WHOが遂に“裁定”、環境基準を作成へ(1/4ページ) - MSN産経west

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ホントなの!?携帯電話で通話する時間が長いほど脳腫瘍になる確率が増すらしい

以前から指摘されては否定されを繰り返してきた「携帯電話と脳腫瘍の関係」ですが、最近新たに頻繁に携帯電話で通話する人は脳腫瘍になりやすいという研究結果が発せられています。その関係に終止符を打つべく、しっかりとまとめてみたいと思います。

このまとめを見る