1990~2007年の18年間の健康記録を調べたところ、中枢神経系に腫瘍が見つかったのは全部で1万729人だったが、携帯電話の使用歴が13年以上のグループと非加入者の脳腫瘍の発症率はほぼ同じだった。

出典携帯電話の長期使用と脳腫瘍リスク増加に関連なし、欧州研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ホントなの!?携帯電話で通話する時間が長いほど脳腫瘍になる確率が増すらしい

以前から指摘されては否定されを繰り返してきた「携帯電話と脳腫瘍の関係」ですが、最近新たに頻繁に携帯電話で通話する人は脳腫瘍になりやすいという研究結果が発せられています。その関係に終止符を打つべく、しっかりとまとめてみたいと思います。

このまとめを見る