1. まとめトップ

実は抗がん剤はほとんど効果がない

抗がん剤は1割程度のガンにしか効かず、9割のガンには効かない

しかも抗がん剤でガンが消失しなくても縮小すれば有効とみなされているだけ

抗がん剤に延命効果はない

1990年、アメリカ議会に提出された技術評価局報告書は、「抗がん剤、放射線などは病巣を一時的に縮小させるが、この縮小は無意味であり、延命効果が認められないうえに、患者の生活の質を悪化させる」と断定している。
また、1998年に厚生省の研究班も、手術後の抗がん剤使用について「延命効果、生活の質の向上効果がない」と認めている。

副作用が凄まじい

抗がん剤はガン細胞だけでなく、正常細胞も殺す

抗がん剤は成長の速い細胞を殺すようにできているが、健康な細胞にも急速に細胞分裂するものがあり、抗がん剤はそのような正常細胞も殺してしまう。

全身にあらゆる副作用が起きる

激しい嘔吐、下痢、脱毛、全身倦怠感、骨髄抑制、肝機能障害、腎機能障害、神経障害、味覚異常、言語障害 、運動失調 など、他にも様々な副作用が。

抗がん剤はガン細胞に有効なNK細胞を殺す

ガン細胞を殺してくれるNK細胞(ナチュラルキラー細胞)が、抗がん剤によって激減し、弱められてしまう

抗がん剤は効かないのになぜ使われているのか?

抗がん剤を使わずガンを治すにはどうすればいいか?

ガンを安易に切除しない

ガンは「排毒」の腫瘍であり、それを切除してしばらくは再発しないように見えても、実際には体内に毒素が残っているので、その毒素を排出しようとするためにいずれまたガンは再発する。また、手術や抗がん剤投与、放射線治療で人体が酸化してより発ガンしやすくなる。

高濃度ビタミンC点滴療法

ビタミンCが強い酸化作用を誘導してガン細胞を殺してくれる。大きな副作用もない。

そもそもガンは人体の治癒反応の表れ

ガンは病気に元となる汚れた血液を綺麗にしてくれる「浄血装置」

ガン腫が抗毒素を作り、血液中に送り込んで毒素を中和してくれる。なのでそもそもガン腫が悪いものだという考えが間違い。

ガンを治す、または防ぐために日常生活で気をつけたいこと

食生活を改善する

肉中心の食生活をやめ、野菜中心にし、糖分の摂り過ぎないようにする

ストレスを溜めない

過度のストレスは免疫機能の低下を引き起こし、暴飲暴食にもつながるのでよくない

適度な運動をする

適度な運動は免疫力を上げ、NK細胞も活性化させる

睡眠をちゃんととる

睡眠時間が少ないと免疫力が落ちて病気になりやすくなる

1





いおかわさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう