1. まとめトップ

ノースリーブが着られない…二の腕のツブツブの原因と対策法

二の腕にできる赤いつぶつぶに悩んでいる人は沢山居るようです。とくに女性は見た目に目立つ為、夏の半袖時期になるとその悩みは深刻化。このつぶつぶは毛孔性苔癬という皮膚の病気です。毛孔性苔癬の原因と対策方法をまとめました。

更新日: 2014年05月16日

2 お気に入り 36245 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sugaya2013さん

自分では気づいていない人も…気になる二の腕のツブツブ

夏になるとどうしても気になってしまうんです。他人の二の腕のブツブツ。腕の後ろ側のため自分ではなかなか気づかないんでしょうね。

小さい頃から、ずっとブツブツです(T-T)ノースリ着たことないし、夏なのに「寒いの?」って聞かれた事もあります。。。

友達に『このブツブツどうしたの?痛そう』と言われてから腕を出すのが怖くなりました。
赤くて痛そうなんだけど、痛みは全くない。ただ、見た目がすごく悪い。

つぶつぶの正体は…皮膚疾患

このぶつぶつの正体は、「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」または「毛孔角化症(もうこうかくかしょう)」と呼ばれる皮膚疾患です。

二の腕や肩、太もも、背中などの毛穴に角質が詰まり、ぶつぶつした丘疹(きゅうしん)が発生します。触るとぶつぶつ・ザラザラしていて、丘疹の色は普通の皮膚の色または薄い赤や褐色系の色をしています。

自覚症状はほとんどない場合が多いですが、時に軽度の痒みを感じる場合があります。

毛孔性苔癬になりやすい人って?

そもそもの原因としては遺伝で発症するとされ、家族内発生も多くみられます。また、尋常性魚鱗癬(ぎょりんせん)、アトピー性皮膚炎、肥満などがある場合には発症率が高いことが報告され、 乾燥で悪化する傾向があります。

傾向としては若い世代や肥満気味の方、敏感肌の方によく見られ、発症率は50%と非常に高くなっています。

早い人は子供の頃から発症し、小学校高学年の約20%が罹患していると言われます。

もっとも多いのが思春期で、20代以降は年齢と共に次第に軽減し、30代には自然に消えていく人が多いですが消えない人もたくさんいます。

毛孔性苔癬の特徴

・二の腕や太ももの外側、背中、お尻などの箇所に発生している
・上記の箇所にぶつぶつが出来て、その周辺に赤みがある
・かゆみを伴うことがまれにあるが、痛みなどはない
・家族に毛孔性苔癬(毛孔性角化症)の方がいる
・アトピー性皮膚炎である
・肥満体質である
・年齢が10代~30代までである

他人にうつったり、健康に害があったりする?

毛孔性苔癬は良性疾患のため、放置しても健康上に重大な問題を引き起こしたり他人に感染するようなことはありません。

外見が気になる若い人に多く発症するため、特に女性では身体よりも心に対する影響が大きいと言えるでしょう。

痛みなどはなく健康面において影響するものではありませんが、 肌を露出する際に目立つため、これらの症状で悩まれている方は多いようです。

毛孔性苔癬の自宅で出来るケア

①尿素クリーム・ニキビ用クリームを塗る

自宅でできるケアとしては、肥厚した角質を落とし保湿する効果のある尿素入りのクリームなどを使用してケアを行うのが一般的です。

脊中ニキビ用のクリームが効いた!という口コミが多数寄せられていました。顔のニキビとは性質が異なるため、ニキビケア商品では効き目がないそう。背中ニキビ用に作られた「ジュエルレイン」という商品が二の腕のブツブツにも効果があるそうです。

ジュエルレイン

60g・5,695円
60g・8,476円

②お風呂でスクラブ

1 2