1. まとめトップ

【鳥類強さランキング】 最強の猛禽類BEST10

猛禽類の強さランキングをまとめましたので発表いたします。

更新日: 2017年02月19日

49 お気に入り 595578 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

3takuさん

第10位

最大体長:130cm
最大翼開長:320cm
最大体重:15kg

最大の猛禽類だが、屍肉食性なため獲物を狩る高度な飛翔能力をもたないので、第10位にランクイン。

第9位

最大体長:90cm
最大翼開長:240cm
最大体重:7kg

同じ沿岸部に住み体格も同程度のオジロワシとどちらが強いかは不明だが、ここでは見た目のカッコよさを考慮しこちらをランクインさせた。

第8位

最大体長:70cm
最大翼開長:180cm
最大体重:4kg

13kgのシカを襲った記録もある夜行性の猛禽類で、場合によっては他の猛禽類、更に他のフクロウも襲うことがある。
夜では最強の猛禽類間違いなし。

第7位

最大体長:115cm
最大翼開長:290cm
最大体重:14kg

コンドルと同じく最大クラスの猛禽類で、食性も同じく屍肉食性が強いが、アフリカの猛獣たちとしのぎを削っている分、こちらの方が順位は上。

第6位

最大体長:95cm
最大翼開長:220cm
最大体重:7kg

イヌワシはウサギやキツネなどの動きが速い獲物を狩ることが得意で、飛翔能力が極めて高いことで知られている。

第5位

最大体長:95cm
最大翼開長:225cm
最大体重:6.5kg

アフリカのサバンナでは屍肉をあさるハゲワシ類を除き最大の猛禽類となり、土地柄様々な獲物を襲い、時にはイノシシや、肉食獣のジャッカルなども狩ることがある。

第4位

最大体長:95cm
最大翼開長:200cm
最大体重:4.5kg

今回ランクインしている中では2番目に軽い猛禽類だが、最も重い獲物を狩る猛禽類でもある。
自分の10倍近い30kgクラスの哺乳類をも襲うことがあり、体格の差さえなければ間違いなく最強の猛禽類である。

第3位

最大体長:100cm
最大翼開長:250cm
最大体重:9kg

沿岸部に棲む大型な猛禽類で、主に魚を食べるが、時には哺乳類や水鳥も襲うことがある。
沿岸部最強の鳥と言える。

第2位

最大体長:100cm
最大翼開長:220cm
最大体重:8kg

サルなどの比較的大きめな哺乳類を捕食する大型の猛禽類で、別名サルクイワシと呼ばれる。

第1位

最大体長:105cm
最大翼開長:225cm
最大体重:9kg

サルやナマケモノなどかなり大型な動物を襲う猛禽類で、力が強いうえ飛翔能力も高く、世界最強の猛禽類ともくされている。


写真:Mateus Hidalgo(CC BY-SA 2.5 BR)

◆補足

順位は独自の調査によるものです。
また、そもそも本当の強さとは優しさだと思います。(^_^;)

▼関連記事

※当記事は2014年5月19日に作成したものです。

1