出典 ochabiさんがアップロード

リヴァイアサンとは

旧約聖書や伝承に登場する海の怪物(の王)のこと。これは挿絵画家として有名なギュスターヴ・ドレが1865年に描いた彫刻画「レヴィアタンの破壊」です。

この情報が含まれているまとめはこちら

《大学入学共通テスト倫理》のためのトマス・ホッブズ

センター試験の倫理科目のために哲学者を一人ずつ簡単にまとめています。トマス・ホッブズ(1588~1679)。キーワード:「万人の万人に対する戦い」「自己保存の欲求」「譲渡(じょうと)」「社会契約説」「絶対王政」主著『リヴァイアサン』『哲学原論(物体論、人間論、市民論)』

このまとめを見る