それは疑いなく一個の人工人間にほかならない。ただ、この人工人間は、自然人より大きくて強く、自然人を保護し防衛する(略)。(略)その「素材」と「製作者」。それはともに「人間」である

出典ホッブズ『リヴァイアサンⅠ』(永井道雄、上田邦義訳、中公クラシックス)から引用

つまり、人間からなる人間より大きくて強い社会の主権を怪物になぞらえています。ところで、「人工人間」とか「素材」などの表現も、だいぶフランケンシュタインの怪物な感じです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

《大学入学共通テスト倫理》のためのトマス・ホッブズ

センター試験の倫理科目のために哲学者を一人ずつ簡単にまとめています。トマス・ホッブズ(1588~1679)。キーワード:「万人の万人に対する戦い」「自己保存の欲求」「譲渡(じょうと)」「社会契約説」「絶対王政」主著『リヴァイアサン』『哲学原論(物体論、人間論、市民論)』

このまとめを見る