自分たちすべてを畏怖させるような共通の権力がないあいだは、人間は戦争と呼ばれる状態、各人の各人にたいする戦争状態にある。

出典ホッブズ『リヴァイアサンⅠ』(永井道雄、上田邦義訳、中公クラシックス)から引用

これがホッブズの「万人の万人に対する戦い」。前社会という暴力のカオスが、社会という一つの強い「権力」でまとめあげられるイメージです。この想定は非科学的(つまりどんな野生状態の生物もそんな風に戦ってない)とも言えるんですが、「社会」の成立に心理的動機を含めた仮説を提示した点ですぐれていると思います。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

《大学入学共通テスト倫理》のためのトマス・ホッブズ

センター試験の倫理科目のために哲学者を一人ずつ簡単にまとめています。トマス・ホッブズ(1588~1679)。キーワード:「万人の万人に対する戦い」「自己保存の欲求」「譲渡(じょうと)」「社会契約説」「絶対王政」主著『リヴァイアサン』『哲学原論(物体論、人間論、市民論)』

このまとめを見る