人々が外的の侵入から、あるいは相互の権利侵害から身を守り(略)、快適な生活を送ってゆくことを可能にするのは、この公共的な権力である。この権力を確立する唯一の道は、(略)かれらの持つあらゆる力と強さとを譲り渡してしまうことである。

出典ホッブズ『リヴァイアサンⅠ』(永井道雄、上田邦義訳、中公クラシックス)から引用

これがホッブズの「譲渡」。「万人の万人に対する戦い」状態から脱するために、人びとは「自己保存の欲求」にかられて、一つの主権に同意し、それに権力を与える過程があるとされています。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

《大学入学共通テスト倫理》のためのトマス・ホッブズ

センター試験の倫理科目のために哲学者を一人ずつ簡単にまとめています。トマス・ホッブズ(1588~1679)。キーワード:「万人の万人に対する戦い」「自己保存の欲求」「譲渡(じょうと)」「社会契約説」「絶対王政」主著『リヴァイアサン』『哲学原論(物体論、人間論、市民論)』

このまとめを見る