「多数」の人々の合意および「各人相互の契約」によって、すべての人々の人格を「表わす」〔「代表者」としての〕「権利」が(略)行為と判断をあたかも自分自身のそれであるかのごとくに「承認」し、そうすることによってたがいに平和に暮らし、他の人々から保護してもらう

出典ホッブズ『リヴァイアサンⅠ』(永井道雄、上田邦義訳、中公クラシックス)から引用

これがホッブズの「社会契約説」。「万人の万人に対する戦い」の潜在的な暴力がまとまる主権のパワーが強調されています。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

《大学入学共通テスト倫理》のためのトマス・ホッブズ

センター試験の倫理科目のために哲学者を一人ずつ簡単にまとめています。トマス・ホッブズ(1588~1679)。キーワード:「万人の万人に対する戦い」「自己保存の欲求」「譲渡(じょうと)」「社会契約説」「絶対王政」主著『リヴァイアサン』『哲学原論(物体論、人間論、市民論)』

このまとめを見る