1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

3274349さん

週末パス

現在、JR東日本が販売している週末パス。指定されたエリア内の普通・快速電車の乗り降りが自由なフリーパスタイプのきっぷです。これ、意外と知られていない便利でお得なきっぷなんです。価格は大人8,500円、子供2,500円(どちらも消費税別)で、利用する週末の1日前まで購入する事が出来ます。当日には購入できない事には注意したいですね。
各旅行会社が様々な旅行プランを提供しているこの時代ですが、自分でプランを組んで、時間に縛られない旅行というのも時にはいいものだと思いませんか。これは、そこまで遠くなくていいけど、少し旅行に行きたい、そんな方に紹介したいきっぷです。

追加で特急・新幹線に乗れる?

この週末パス、単体ではエリア内の普通・快速電車にしか乗車出来ませんが、別に特急券(指定席券や特急券のこと)を購入することでエリア内の特急・新幹線を利用することが可能になります。また、週末パス本体と違って特急券に関しては当日購入が可能です。
しかし、夏休みや冬休み・春休みを始めとする繁忙期に際しては、特急券自体の購入が困難になる時期でもあるので、その面での注意が必要となってきます。

どうやって使うの?

週末パスと名のある通り、土日の2日間での利用を目的に作られていますが、使い方は本当にその人の自由で、ただただ長い間電車に乗っていたい、観光をしたい、友達に会いに行く、というように多種多様です。
購入方法も簡単で駅の自動券売機、もしくはみどりの窓口で買う事が出来ます。注意したい点は先程も述べた通り、購入期限が実際に利用する土日の前日の金曜日までが購入期限だという点だけです。購入さえすれば、あとは自分の好きなプランを作るだけです。また、実際に利用する期間は休日ダイヤだということにも注意が必要です。
しかし、週末パス自体の値段分乗るには長距離を乗らなければ行けないのは、明白な事です。ここでは、旅行目的で取り上げて行きたいと思います。新潟や仙台などに行く時に週末パスをどう使えばいいか、について触れていきたいと思います

新幹線を使う

では、ます仙台に週末パスを使って行くとします。仙台へは新幹線で1時間半から2時間弱で行けるとても近い場所となりました。ここで具体的に普通の乗車券で行く場合と週末パスで行く場合に分けて比較していきたいと思います。
週末パスを利用しない場合は、乗車券5,940円、特急券4,430円、計10,370円(東京〜仙台間)がかかります。しかし、週末パスを使う場合、特急券4,430円だけで済みます。往復利用すると11,880円の差が出てきます。
次に新潟に行ったとします。同じく比較していきたいと思います。利用しない場合は乗車券5,620円、特急券4,430円、計10,050円(東京〜新潟間)で、特急券に関しては仙台に行く場合と同じ計算になります。
また、仮に各駅停車で仙台に行ったといます。新幹線利用なら東京から1時間38分で着きますが、普通電車だと6時間44分と約4倍の時間を要しますが、この慌ただしい世の中に時間をたっぷり使って目的地に行くというのもいいかもしれません。
いかがでしょうか、仮に各地で宿泊したとしても非常にコストパフォーマンスがいいきっぷとなっています。

仙台に行ける、東北新幹線
飛行機のファーストクラスの用な座席、「グランクラス」で有名。
少し奮発して乗ってみるのもいかがでしょうか。

新潟に行く、上越新幹線
オール2階立て車両、上からの景色は最高です。

嬉しい途中下車

またこの週末パス、単なる目的地に行くためだけのきっぷでは無いのです。目的地に着いてからの交通手段がフリーエリア内は全て無料になる点です。旅行会社のツアーでは目的地までの料金は含まれていますが、そこからはお客様負担の表記があるプランがほとんどです。
しかし、この週末パスを使えば、例えば仙台からあまちゃんで有名な三陸方面・石巻などに向かう費用もかからなくて済みます。また、新潟から帰りに軽井沢に寄る、いきなりのプラン変更、なんてことも可能になります。とにかく柔軟に、自分の行きたい所に好きな時間で向かえるのがこのきっぷのいい点です。

石巻へ向かう仙石線

軽井沢へ、長野新幹線

裏技編 夜行快速

ここまでは追加料金を払って新幹線を利用する手段を紹介してきましたが、「特急券料金が高い」「夜行バスの方が安い」そう思う方々もいるかもしれません。
そんな方々に紹介したいのがこの夜行快速。そう、夜行電車でありながら、「快速」なんです。
つまり、週末パスだけで乗れるんです。いくつか紹介していきたいと思います。

快速 ムーンライト

では、夜行快速とはどんなものなのだろうか。基本は新宿などを23:00代の時間に出発して早朝4:00代に終点に着く電車の事です。また、それぞれ運転日が違うので事前チェックを怠らないようにしたい。
何よりも重要なのは、車内販売・自動販売機共に無い事。飲料や食べ物を買わずに乗車すると、少し厳しい状況に陥るので注意が必要である。

ムーンライトえちご
新宿23;10発〜新潟4;51着
新宿、池袋を通り新潟まで運行、小説で有名な清水トンネルを通過することでも有名。
また、新潟では各方面の始発電車に接続。
女性に優しいレディースカーも連結していて安全面もばっちり。

ムーンライト信州
新宿23:54発〜白馬5:40
長野方面への快速電車、冬のスキーシーズンにはもってこいの電車。
しかし、豪雪地帯中の豪雪地帯を通るので遅延、運休もしばしば。
天気予報と相談して利用するか決めるのが大事。

温泉巡り

1 2