出典 lifedigest.exblog.jp

1982年には米大手映画会社のユニバーサル映画が、『ドンキーコング』は当時同社が版権を保有していたとされる映画『キングコング』のキャラクター著作権を侵害しているとして損害賠償を求める訴訟を起こした。
これに対し任天堂の米国法人であるNintendo of America(NOA)は逆に「ユニバーサル映画が同訴訟を提起したことは『ドンキーコング』の名誉を毀損した」として反訴を起こす。
最終的に「『ドンキーコング』と『キングコング』は全くの別物である」という任天堂の主張が認められた結果、1986年に任天堂はユニバーサル映画から約160万ドルの損害賠償を勝ち取った。

この情報が含まれているまとめはこちら

意外と知らないゲームのトリビア&雑学

ゲームにまつわる豆知識や裏設定、都市伝説など。ゲーム会社といえば任天堂、ソニー、セガ、ロックスター、カプコンなどたくさんありますね。芸能人にもゲーム好きはたくさんいますね(妻夫木聡や唐沢寿明、嵐の二宮、SMAP草彅など) 。

このまとめを見る