1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

エーザイが開発中のアルツハイマー型認知症薬「BAN2401」
 新薬は米製薬企業バイオジェンと共同開発する抗体医薬品「BAN2401(開発名)」。Aβが脳に沈着する前段階の集合体に結合して除去する。20年代早期の発売を目指している。
 第2相治験は2012年~18年に日米欧などで856人を対象に実施。投与18カ月間の解析で、症状の評価指標に基づく悪化の抑制と、陽電子放射断層撮影装置(PET)による脳内のAβ蓄積量減少を確かめた。
 Aβは脳に蓄積すると神経細胞が機能障害を起こし、細胞死をもたらすとされる。エーザイはこれまでも認知症の症状悪化を遅らせる薬を販売してきた。新薬ではAβを減らすことで、認知症を根本から治療することを目指している。

1日に水分を1.5リットル取る習慣をつければ、認知症はよくなります」

そう断言するのは、40年以上認知症介護を研究している国際医療福祉大学大学院の竹内孝仁教授。

1】噛まないと海馬が死滅
 歯を削って、わざと噛みにくくしたマウスと、正常なマウスの脳の状態を比べる実験を行ったところ、1週間が経過した時点で、正常なマウスに比べ、歯を削ったマウスの海馬の神経細胞が、30%も多く死滅していた。この実験により、噛まないと海馬の働きが衰えることがわかった。

【2】高齢者ほど脳が活性
 20代、60代、70代の人に、ガムを32秒噛んだら、32秒休憩する行為を4回繰り返す実験を行ったところ、思考や感情などを司る、脳の連合野が活性化することが判明。20代よりも60代、70代と年齢が上がる方が、より脳が活性化されていることも発見した。

食事はまずカロリー摂取を抑える「腹七分目」が基本。特に血糖値を急上昇させる糖質を減らす

朝は食事代わりにミックス野菜ジュースを飲む。アメリカの調査では、週に3回以上ジュースを飲む人はアルツハイマー病の発症率が76%も低下するという結果が出た。私自身も毎朝、自家製のミックス野菜ジュースを飲んでいる。複数の野菜をなるべく皮ごとミキサーにかけ、10分程度でつくる。市販の野菜ジュースを飲む場合は、コーンシロップなどの糖分が入っていないことを成分表でチェック

昼寝も効果的で、30分以内の昼寝をする人は、アルツハイマー病の発症率が昼寝の習慣がない人の6分の1

1 2