1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

【2015年版】就活や転職活動で履歴書は手書きにすべきか?

就活や転職活動では、履歴書を手書きにすべきか?特に、「PC作成の方が楽なんだけど」と思ったら読むべきまとめ。

更新日: 2015年05月15日

43 お気に入り 167647 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

bookfanさん

2015年の段階では、若干、手書きの方が有利と考えられる

履歴書は、パソコンで作るという人が増えつつあるようですが、そんな時代だからこそ、あえて手書きを選択するということが、最大の自己アピールになるのではないでしょうか。

ワープロ打ちですと、心がこもっているように感じられないだけではなく、同じような内容のものを手当たり次第、多くの企業に送っていると思われてしまう危険もあります。

応募企業から指定がない限り、手書きでもパソコンでの作成でも問題ありませんが、履歴書は手書き、職務経歴書はパソコンで作成するのが一般的です。

メールが一般化した今、手書きで履歴書を作成することが苦手な人もいると思います。しかし、手書きの履歴書から応募者の意欲を読み取ることができると考える採用担当者もいます。

私の職場の人事部の採用担当者に聞いてみると「最近ワープロ打ちの人は確かに増えている」との返答。
あり?なし?という質問には「出来れば手書きの方がいいと思う」という答えが返って来たわけです。

手書きの字に自信のない人にはパソコンで作成するのは好都合ですね。けれども、字が普通レベルであれば、できれば手書きをお薦めします。なぜなら手書きの方が個性・人がらが出て、人事の目に止まりやすくなるからです。

手書きと PC どちらで作成した履歴書が好ましいかを問うと、「手書き」が50.7%と半数を超え「PC」はわずか4.3%であった。しかし、45.0%は「どちらでもよい」と回答しており、そこまで手書きを重視していないという人も多いようだ。

履歴書の作成方法については、『手書きで作成した履歴書での応募が有利(計)』が28.7%、『パソコンで作成した履歴書での応募が有利(計)』が3.0%となりました。「両者に全く差はない」68.3%とする意見が最多数意見ながらも、手書きの履歴書での応募を有利に扱う組織が多いようです。

でも、やっぱり手書きは大変。ワープロ作成はダメなのか?

では、ワープロ書きで書いた履歴書では採用されないのか?
これに関してはNo。しっかり採用されている人は実は思いのほか多くいるみたいなんです。

手書きが指定されている場合は、手書きで作成します。そうでなければワープロでもかまいません。

特に手書きという指定がない限り、パソコンで作って良いでしょう。

特別指定がない限り履歴書は手書きの必要はありません。
現在は手書きの履歴書を書類選考の時点で求められる企業は少なく、ワードまたはエクセルで作成いただいた書類をPDF形式にして企業へお渡ししております。

再就職支援のサービスを手がけている日本マンパワー人材紹介部・内田かおりさんによると、会社の方針や職種の関係もあって一概には言えないが、転職の際、履歴書は「圧倒的にPC履歴書が主流」と話す。

手書きの履歴書には、下記のようなデメリットが挙げられます。
1.手書きの字が汚いと、それが原因で落ちることがある

履歴書は手書きじゃなくて良いのですか、と聞かれることもありますが、今はExcelやWordで作成して頂くのが一般的です。

パソコンの履歴書と手書きの履歴書についてですが、こればかりは人事担当者の主観によります。ただ、特にパソコン出力だからといって、私は減点しません。

履歴書をワープロで作成したことが原因で、落とされる心配はなさそうだ。
むしろ、転職活動では、手書き履歴書よりも、ワープロ作成が主流となりつつある。
しかし、2015年段階では、「手書きよりもワープロが有利」とまでは言えない。
書類選考を突破する可能性を、少しでも高めるのであれば、やはり手書きが良いのではないだろうか?

1