1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

一度は見たことがあるこの独特な字体

不思議だけど引き込まれる、独特な世界を持つデザインは綿貫宏介氏のデザイン。

綿貫宏介とは?

[プロフィール]
1956年ポルトガル・リスボン大学に外交史研究のため留学。
欧州・アフリカ・南米を歴遊、転じて南欧画壇に伍し、リスボン国立近代美術館他、欧州・アフリカ各美術館に収蔵作品39点。
誌書画集等の出版・著作18作。
幅広い活動領域で独自の「無ほう庵ノ空間」を展開。

本高砂屋

左:Autumn・Winter
右:Spring・Summer

おばあちゃんの家にあったような、そんな印象。
でも古臭くないのが不思議!

この缶は捨てられないな~。

西山酒造

日本酒のパッケージとは思えないデザイン!
午年バージョン。

字はもちろんだけど、小花を散らしたデザインと色合いが日本酒とは思えない。

化粧品のボトルのよう。

字だけでも十分なインパクト。

日本酒とは思えない!

こちらはぶどうのお酒。

凝りながらも「ぶどう」って一目でわかる。
そんなデザインが魅力的。

しつこいけど、日本酒とは思えない。

こんな袋に入れてくれるなんて、女子は絶対そそられる。

宇治園

和の雰囲気にも合いますね。

1 2