最大の予防策は植物を置かない事です。
観葉植物も、種類によっては比較的毒性の軽いものもありますが、基本的には避けるべきです。どうしても飾りたい場合は危険性について十分調べた上で飾りましょう。

また、普段は植物や花を飾る習慣がなくても、法事やパーティーなどでそれらを頂くこともあるかと思います。前述のように、花粉を舐めただけでも死に至る場合があるので、出来る限り猫が入らない部屋に置くなどして事故を予防しましょう。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

猫ちゃんには厳禁!危険な「猫ユリ中毒」とは

あなたの愛猫を守るために…万が一植物を家に飾らなくてはいけなくなり、危険性を確認したい場合は、記事下部にあるリンクを参考にしてください。

このまとめを見る