1. まとめトップ

ロードバイク初心者のための片足ペダリングトレーニング情報まとめ!o孕o三

片足でペダルを回す片足ペダリングという練習方法がペダリングの改善やスタミナ強化に効くという話をよく聞くのですが、どんなものなのでしょう!? 効果ありそうならば、是非とも日々の練習に組み込みたいものです(^-^)

更新日: 2014年11月07日

43 お気に入り 87686 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

片足ペダリング練習は、様々な自転車雑誌で紹介されています。ビンディングペダルとシューズがあってこそ出来るトレーニングで、「引き脚」を有効に使えるようにする練習だと説明されることが多いようです。

▼.索引

○片足ペダリングって?
○一人でも気軽に練習できる
○片足ペダリング練習時に分かること
○知っておくべき用語や知識
○ペダリングフォームを見直す際に覚えておきたいポイント
○片足ペダリングのコツ(図解)
○片足ペダリングは都市伝説!?
○片足ペダリング関連動画
○ロードバイク関連まとめ
 ・サイクリスト向け情報&ロードバイク基礎知識&スポーツトレーニング情報まとめの索引
 ・ロードバイク初心者のためのペダリングフォーム超学習!
 ・ロードバイク乗りのための上半身のトレーニング情報まとめ!
 ・ロードバイク初心者のためのロングライドお役立ち情報まとめ!
 ・お気楽ロード乗りが選んだ『弱虫ペダル』名言集!!

▼.片足ペダリングって?

片足のビンディングを外して、例えば右足だけでペダリングしてみることです。これを「片足ペダリング」といいます。

初心者の頃は、引き足の動きができていないことが多いので、最初はギジシャクしてうまくできないかも知れません。しかしだんだん慣れてきて、うまくスムーズに回せるようになります。

片足だけでペダルを漕ぐこと(片足ペダリングと言う)。他方の足は宙ぶらりんとするか又は単にペダルに乗せておく。

▼.一人でも気軽に練習できる

通常ペダリングやフォームの練習は誰かに見てもらったりしないと難しいけど、ある程度一人で練習&改善ができるもの片足ペダリングの魅力の一つ\(^o^)/

「一人だけでトレーニングをするときには,誰かにペダリングを見てもらうわけにはいかないので,こうして,片足ペダリングをすることで,自分のペダリングがスムーズになっているかどうかをチェックすることができるんです。」

▼.片足ペダリング練習時に分かること

両足でペダリングしてる時は片足を意識して引き上げ無くても、もう片方の脚が踏む方に動いてるので、両足を交互に踏むだけでも、ペダリング出来てしまうので、見た目は何も感じません。それを片足だけで行うと、引き脚を使えているかがハッキリします。

今まで両足でペダリングしていたので右足左足のお互いの弱いところを誤魔化しつつ、回転させていたことが良くわかります。片足だと助けてくれるもう片足がないので、全ての筋肉をタイミングよく上手に使わないとペダルは滑らかに回ってくれないのだ!

なるほど~。片足でちゃんと進むには効率的なペダリングが必然となってしまうのですね(^-^)

両足でのペダリング中は、一方の足に弱い個所があっても中々気付けない。

▼.知っておくべき用語や知識

出典ameblo.jp

円運動の一番高い位置を上死点、低い位置を下死点という

【トルク】
「トルクが大きい(太いとも言う)= ペダルを踏む力が強い」
という事になります。

引上げ(引き足)
ペダルを引上げる。この動作は引き足と呼ばれる。

▼.ペダリングフォームを見直す際に覚えておきたいポイント

実際、片足で回してみると上死点付近で一度引っかかり、「カツン」という音を立ててしまいました。うまく回せていないことの証明です(´・ω・`;)両足では反対側の脚の力を借りて回せていましたが、片足だと弱点が丸分かりになりました。

「片足ペダリングで,とくに,引き脚に移るところでうまくいかないのは,そこは,反対側の脚に頼っているということです」

「片足でスムーズに回せないのは,使っている筋肉が偏っている可能性があります。いろんな筋肉をうまく使えていれば,特定の筋肉だけに負担がかからないので,とばしても回復が早かったり,より長い距離が走れたりするんです」

最初のうちは、チカラをいれる度に「かつん」、「かつん」と音がするかもしれませんが、チカラを入れるポイントを意識してやると、綺麗にまわすことができます。

1 2