発達障害者は、二次障害として、うつ病や適応障害を併発することがよくあります。しかしながら、それを理解できない家族は、「はやく就職しろ」と圧力をかけ、療養させてくれません。こうして、発達障害者から就職への道が永遠に閉ざされることになるのです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

発達障害者の就職は人類で最も困難

発達障害者の新卒で就職できるのは4人に1人。失業率75~97%、自殺は8倍多く、寿命は16年短い。

このまとめを見る