1. まとめトップ

白髪が増えたのは今飲んでいるそのサプリのせいかも

ドラッグストアではたくさんの種類のサプリメントが売られ、TVを見ればばんばんCMが流れています。でも良い効能は書いてあるけど、副作用はないの?調べてみました。

更新日: 2014年05月20日

57 お気に入り 316864 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hinamelさん

美肌とエイジングに効果があるサプリはじめました。頂き物だけど。

現在では、食品に含まれるビタミンや栄養素が減少していることもあり、バランスのいい食事やスポーツはもちろんとして、健康や美容のために、補助的にサプリメントを摂取する事が常識的になってきています。

もちろん、サプリメントには様々な効果があり、上手に活用すれば、私達の健康や美容を維持してくれるすばらしい存在です。

ちょっと見てみて!「L-システイン」って成分、入ってないですか?

L-システインはタンパク質を構成するアミノ酸の一つで、特に肝臓の解毒作用や皮膚の代謝に関係しています。

L-システインはビタミンCと協力して、シミの原因となる過剰なメラニンの発生を抑制するほか、過剰にできてしまったメラニンを無色化し、さらには肌の代謝を正常化して、角質に沈着したメラニンの排出もサポートしてくれます。また、シミのほかにも、L-システインを摂取することにより体内でコラーゲンが生成されるため、肌のハリを維持するサポートや、角質を柔らかくする働きもあるためニキビができにくくなるなど、気になる肌トラブルを改善します。

美白、日焼け、シミなどへの効果があるサプリに入っていることが多いです。

また、二日酔いへの効果があるサプリにも入っています。

その他、疲れやだるさへの効果があるサプリにも入っています。

ただし…宣伝やサプリメントのパッケージには書いてない副作用もある。

システインの副作用としては白髪が増加する、というのがあります。
メラニンの生成を抑えて肌を白くする成分ですから、長期に飲み続けると髪が白くなってゆくことも当然考えられます。

美白成分には「メラニンを抑制する」という効果があるものが多いので、その影響で白髪が増えることになっても理論的にはおかしくないんです。

L-システインの美白効果には定評があり、メラニン生成を抑制してくれたり、シミを薄くしてくれたりする効果は有名ですが、その反面、白髪が増えたり、体毛が薄くなったり、紫外線に弱い身体になってしまったりという副作用があることは知っておいたほうがいいでしょうね。

長期服用は避けたほうがいいかもしれません。。。

対策を考えよう!

この副作用を解消するものとして、ビオチンがあげられています。また、メラニンを抑えるということは活性酸素の増加を意味します。

ビオチンはビタミンHの別名で、健康な肌や髪を作るのを手助けしてくれるのです。白髪防止用サプリメントとして前から勇名だったみたいでL-システインの副作用防止にビオチンと一緒に飲んでいる人も多いみたいです。

良い効果があるからこそ!気を付けたいこと。

サプリメントは私たちの日常に溶け込み、良いことばかりのように思えますが、効果があるからこそ知っておきたい副作用もあります。
売り文句だけをみるのではなく、自分で成分をよくみて調べてから服用するということも忘れてはいけないのかもしれません。

1