1. まとめトップ

お坊さんが悩みを聞いてくれる、ありがたいQ&Aサイトがあった!

人々の悩みにお坊さんが答えてくれるWebサービス"hasunoha"が素晴らしく優しかった。

更新日: 2014年05月27日

9 お気に入り 11210 view
お気に入り追加

クソ病みながらネットサーフィンしてたら偶然見つけた、お坊さんが質問に答えてくれるというか人生相談してくれるhasunoha(hasunoha.jp)ってサイトがすごいから人生につかれてるひとはみんな見たらいいと思う

2011年3月に起こった東日本大震災。 この惨劇を目の当たりにした時 一人の若者に熱い想いが生まれました。    『日本を優しくしたい』    この想いに共感し、宗派という大きな壁を乗り越え... fb.me/6wBpuMqiY

hasunoha(ハスノハ)とは。

hasunohaは、あなた自身や家族、友人がより良い人生を歩んでいくための生きる知恵(アドバイス)をQ&Aの形でお坊さんよりいただくサービスです。

全国のユーザーから寄せられる悩みは「生きる意味」といった壮大なスケールのものから、「転職か我慢か」「興味と情熱が長続きしません」といった心当たりがある人もいそうな質問まで多種多様です。

こんな質問が飛び交う。

長らく辛い日々が続いています。一年半ほど前に片親を亡くし、その後、彼女(婚約者)に別れを告げられました。...(中略)...しかし、最後はどこかで必ず自分にも幸せが訪れると信じで日々過ごしております。こんな僕にこれから日々を過ごして行く上でのアドバイスをいただけないでしょうか。よろしくお願いします。

お坊さんたちのありがたい回答。

死には、幸福も不幸もありません。
生まれた者に平等に訪れるものです。
しかし、死をどう受け止めるかは、人それぞれです。
「死」の事を「成仏」という言うことがありますが、
その裏には、亡き方を尊く思い、
その尊い方に支えられて生きてゆくという意味が隠されています。
死を尊く受け止める事が出来ると、命そのものを尊く受け止める事が出来ます。
死は亡き方との関係を大きく変えますが、
心の中の対話が無くなるわけではありません。
是非、vinceroさんの内なるお母様を尊く思い、
そのお母様に、尊ばれる人生を送られて下さい。

ご質問を読ませて頂き、私も胸が詰まるような思いがいたしました。
お母さまを亡くし、婚約者とも悲しい別れをされたのですね。
人にとって、親は自分の過去、配偶者は自分の今、子どもは自分の未来を意味するのだそうです。vinceroさんは、過去と、今と、もしかしたら婚約者との間に出来ていたかもしれない未来を、短い間に失ったのです。
そんなvinceroさんが嘆き悲しんでいるのを、誰が責められましょうか。大いに悲しむべきです。涙を流し、泣き叫んでこそ、立ち直る力が湧き出てくるのだと私は思います。
辛い時には、どうぞhasunohaでも直接でも、そのお気持ちを打ち明けて下さい。何も良いアドバイスなど出来ない私ですが、そのお気持ちをお聴きすることはできます。

"いいね!"じゃなくて、”ありがたし”。

ちなみに心に響いた時はFacebookの「いいね!」ならぬ「有り難し」ボタンを押す仕組みです。押す前に手を合わせて呼吸を整えてから押すとなお良いかもしれません。

驚異の回答率、99パーセント‼

お坊さんにとっては、お寺のブランディング効果が。

回答数の多い人から順番に、お坊さん一覧、お寺一覧に表示される。(写真付き)
http://hasunoha.jp/users

お坊さんを募集するバナーがかっこいい。

運営者の思い。

hasunohaのはじまりは、2011年3月11日の東日本大震災。 震災の中、我先にと争わず、お互いに支えあい、励ましあう人々の姿に感銘を受けて、われわれには何ができるのだろう。自問自答しました。その答えが、日本人に流れている価値観の源泉をもう一度掘り起こして、もっと優しく幸せな日本になる手助けをしたいということでした。 日本人の価値観、昔から脈々と受け継がれている美徳。 その一つに「仏教の教え」があると、そのとき感じたのです。

お寺はその昔、地域の人が集まるコミュニティの場であったと言われています。みんなで助け合い、励ましあって生きていく。悪いことをすればきちんと叱ってくれる和尚さんがいる。そんなコミュニティをインターネットを使って実現できればとの思いでhasunohaを作りました。

心や体の悩み、恋愛や子育てについて、お金や出世とは、助け合う意味など、人生において誰もが考えることがらについて、あなたの日常生活に即した質問に対して、仏教の教えをもとにお坊さんより回答をいただくことで問答が成立し、生きる知恵として蓄積できればと思っています。

詳細説明資料(slideshare)

1





kangaeruyatsuさん

まとめます。よろしくお願いします。



  • 話題の動画をまとめよう