1. まとめトップ

ゲームプラットフォームのアフィリエイト広告管理・運用を目的とした「株式会社ZONE」を設立。

みんなのゲームバトル サーバー不具合でオープン延期

みんなのゲームバトル【公式】Twitter

世界のプレイヤーとゲームバトルをして懸賞金をゲット!様々なゲームジャンルから得意分野を見つけ出し確実に上位を目指そう!      ☆2016年1月11日バトル開始!

【スケジュール】

2015.12.01
エレクトロニック・スポーツプラットフォーム「みんなのゲームバトル」の一部ユーザーに開放し、ベータ版運用テストを開始。

2016.01(予定)
エレクトロニック・スポーツプラットフォーム「みんなのゲームバトル」の一部ユーザーへの公開を開始。

2016.01(予定)
エレクトロニック・スポーツプラットフォーム「みんなのゲームバトル」のグランドオープンイベント開催予定。

2016.02(予定)
プラットフォーム内のゲーム新タイトル発表。

2015.12.29

次は水素水!?
分裂、迷走するe-win内部

" e-win "の前身「ELICC JAPAN」解約返金未払い続く

サポートセンターは機能せず、返信は一切無い。

" e-win " 連鎖販売取引に関する業務停止命令
会員への公式通達無し。

連鎖販売取引に関する業務停止命令は未だに会員への公式通達はなされていない、企業としての義務を果さず。2015/10/29

開発ゲームで収入とウソの勧誘 会員権販売

会員になれば開発中のオンラインゲームで収入が得られるとウソの勧誘をして会員権を販売した東京・千代田区の株式会社「e-win」に、消費者庁が28日から6か月間の業務停止命令を出した。1年余りで少なくとも約2000人から約4億円売り上げたか。

開発ゲームで収入とウソの勧誘 会員権販売

特定商取引法違反として28日から6か月間の業務停止命令を受けたのは、東京・千代田区の株式会社「e-win」。消費者庁によると、e-winは、会員になれば開発中のオンラインゲームが公開されると利益に応じて、確実に収入が得られるなどとウソの勧誘をし、会員権を約20万円で販売していたという。さらに会員が新たに会員を勧誘すると2万円の収入が得られるといった、いわゆるマルチ商法の手法で、設立から1年余りで少なくとも約2000人の会員から約4億円売り上げたとみられている。ゲームは公開されず、消費者庁は開発に実態がなかったとみている。e-winは、違反した事実を認めているという。

絶対もうかる…4億円売上の販売会社に勧誘業務停止

一次会員として登録すれば、後から入る会員が増えるとどんどんお金が入る」「ゲームが公開されれば課金制なので、他の人がゲームをするたびに利益が入ってくる」と嘘の宣伝をして勧誘していました。イーウィンは会員権費用などを一人あたり約20万円で販売し、売り上げは、去年6月から約4億円に上っていたということです。現在のところゲームは完成していないということで、消費者庁に対し、イーウィンの代表者は違反事実を認めたうえで、「今後、ゲーム開発してお客様に提供していく」と話しているということです。

ゲームアプリで違法勧誘=業者に業務停止命令—消費者庁

消費者庁は27日、スマートフォン向けのオンラインゲーム事業などを手掛ける「e—win(イーウィン)」(東京都千代田区)に対し、マルチ商法で「入会すれば絶対にもうかる」などと勧誘していたとして、特定商取引法違反(不実告知など)で6カ月の業務停止を命じた。

「ゲーム公開すればもうかる」と勧誘 会員2千人、約4億円 特定商取引法違反容疑で事業会社業務停止

消費者庁によると、試作段階のゲームの画面を示し、会員になる初期費用として1人約20万円を支払わせ、友人らを誘って会員を増やせば報酬が得られるとの連鎖販売取引(マルチ商法)を展開。勧誘した会員が多いほど、地位と報酬が上がる仕組みとし、会員数は約2千人に上り、約4億円を集めたという。

特定商取引法違反、e-winに一部業務停止命令

「新しいゲームの配信の前に組織の会員になって、会員を増やせば必ずもうかる」などとうそを言って会員を勧誘したとして、消費者庁は特定商取引法違反で、東京・千代田区「e-win」に6か月の一部業務停止命令を出しました。消費者庁によりますと、e-winは去年6月ごろから「これから配信されるオンラインゲームの会員を集めると、報酬がもらえて必ずもうかる」などと確実に収入が得られるかのようにうそを言い、およそ2000人に会員を管理するアプリケーションを20数万円で販売していたということです。

" e-win " 消費者庁が連鎖販売取引に関する業務停止命令。

消費者庁は、アプリケーション等の連鎖販売業者である株式会社e-win(本社:東京都千代田区)に対し、本日、特定商取引法第39条第1項の規定に基づき、平成27年10月28日から平成28年4月27日までの6か月間、連鎖販売取引に関する業務の一部(新規勧誘、申込受付及び契約締結)を停止するよう命じました。

" e-win "先を越され続ける

世界初!ビットコイン賞金付きのリアルタイム脳トレ対戦アプリ「BrainBattle」をApp Store向けに提供開始 !!

▼白熱のリアルタイム対戦
世界中のユーザーとリアルタイム対戦して、ウィークリースコアを競い合おう!
▼誰でもできるけど奥が深い!
操作はタップやスワイプのみだけど、「アクションゲーム」+「脳トレ」+「アイテムを使った駆け引き」が組み合わさり、奥が深い!
▼多彩なアイテムを使って駆け引きしよう!
相手を妨害したり、無敵になったり、いろんな種類のアイテムを戦略的に使って勝利をつかもう!
▼友達を誘ってリアルタイム対戦できる!
▼全ユーザーが毎週ビットコインを獲得できる!
▼新しいゲームがどんどん追加される!

" e-win "オープン前のゲームポータルサイト流出

" e-win "また先を越される !?
世界初のゲームプラットフォームが浮上する!!

暗号通貨を賭けて、ユーザー同士で対戦を楽しむ事ができる。
公平性と安全性を証明できる世界初のゲームプラットフォームとして、2015年初頭からプロジェクトが始動。開発会社は、香港に拠点を置く「Input Output Hong Kong(インプット・アウトプット・ホンコン)」(通称IOHK)。開発リーダーを、「BitShares(ビットシェアーズ)」創設者、「Ethereum(イーサリアム)」元CEOなどで知られる数学者 チャールズ・ホスキンソン が務める。9/26/2015

1 2 3 4