1. まとめトップ

歯科衛生士が求人を探す方法まとめ

歯科衛生士が求人を探す方法についてまとめました。

更新日: 2014年05月19日

0 お気に入り 3200 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

全国の歯科医院の数は非常に多いですが、
自分の希望する条件で探すとなると一苦労です。
そこで今回のまとめでは、歯科衛生士が求人を探す方法についてご紹介します。

専門求人サイトを利用する

医療関係や歯科衛生士に特化した求人サイトを利用すると効率的に仕事を探すことができます。

ジョブメドレー
ジョブメドレーは医療介護求人を行っており、
正職員だけでなく、パートアルバイト等の非常勤の案件も
豊富な転職求人サイトになっています。
ジョブメドレーにはスカウトシステムがあり、
性別、年齢、居住エリア、最終学歴、希望条件、
自己PR等が匿名情報で公開されており、
求人側で情報を検索しスカウトできる仕組みになっています。

グッピー
グッピー歯科衛生士求人は2000年にスタートした
最も実績のある医療求人サイトです。
求人情報はもちろん人材紹介、適性診断など多面的に
歯科衛生士の転職を応援しています。

検索エンジンを使う

希望する条件が求人サイトで見つからない場合は、googleなどの検索エンジンで探す方法も有効です。

求人を探す際には、インターネットを利用するのがオススメ。
インターネットなら、全国各地の歯科医院の求人を
探すことが出来ます。
エリアで絞り込むことも出来るので、
自分の働きたいエリアを絞り込むことはできます。

インターネット上で得た求人情報を整理しましょう。
インターネット上に出ているということは多くの人が
その求人情報を見ているのです。
もしも、「この仕事が良い」と即決させたいくらいに
魅力のある情報があったらすぐにエントリーをすると良い。

その他の方法

求人サイトやネット検索以外にも、希望するエリアの歯科医院に問い合わせしてみたり、業界紙や求人誌で探す方法など、色々あります。

「歯科助手になりたい」「歯科助手の勉強をしている」
といったことを、友人・知人に広めておくとか、
住まいの近くや2~3駅先まで足を延ばして、
コンビニや駅、書店などに置いてある
「ご自由にお持ちください」とある求人誌・ペーパーに
こまめに目を通すなどして、情報収集すると良いでしょう。

ハローワークの求人情報検索パソコンは、
何も、失業者だけのためのものではない。
在職中で、転職を考えている人が利用してもいい。
すべてのハローワーク、公共職業安定所でやっているわけではないが、
開庁時間、営業時間の延長も、在職している人のために、やっている。
土曜日も場所によっては利用できる。

まとめ

以上、 歯科衛生士が求人を探す方法についてのまとめでした。
上記の方法で見つからない場合もあきらめず、
勤務地のエリアを広げてみたり、求人に関する条件を広げることで
見つかる場合も多いので、根気よく探してみましょう。

1