1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

スマホも危険!遠隔操作ウイルスはPCの話だけじゃない!

スマートフォンの安全はどうなのか。スマホのウイルス対策、セキリュティなどについてまとめていきます。

更新日: 2014年05月29日

77 お気に入り 319479 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

3WBさん

スマホのセキュリティーを安易に考えてはダメ!

遠隔操作型と呼ばれるウィルスはパソコンに限ったものではありません。なんと、スマートフォンにも既に遠隔操作ができるウィルスが確認されているのです。

ウィルスに限らず、スマートフォン用アプリには様々な遠隔操作アプリが配信されています。

ユーザーを手助けしてくれる一方では、簡単に悪用されてしまう危険性が潜んでいるのです。

「電話」という機能があるスマホは、遠隔操作された場合の被害もより大きいものになってしまいそう。自分になりすました犯罪者が誰かに脅迫電話をかけ、気づかぬうちに「犯罪者」に仕立てられてしまうなんてケースも十分に考えられます。

今年の一月にも実例が

他人のスマートフォンを遠隔操作して、文書や音声データの窃取などができるウイルスの無料作成ソフトがインターネット上で公開されていることが分かった。

このソフトの被害は日本では確認されていないが、海外では複数発生しているという。

しかしこの時代、もう関係ないと言えません。

遠隔操作ウイルスに感染させられると・・?

ウイルスの使用者は、感染したスマホを自身のパソコンで自由に遠隔操作でき、メールの送受信内容や連絡先、文書・音声の保存データを勝手にのぞいたり、盗んだりすることが可能という。

たとえば、GPSの情報を盗んでユーザーの昼と夜の位置を把握し、会社と自宅の場所を特定します。この情報をもとに自宅にいない時間に盗みに入ることもできます。また、メールアドレスや電話番号などの情報を売ることもできます。

自分だけの被害ではなく、他人にまで被害を及ぼす可能性が大いにあります。

自分のスマホが犯罪に利用されてしまったり、勝手に高額なQ2ダイヤルのようなものを利用され、法外な利用料を要求されたりといったことも起こりえます。

PC遠隔の事件と同じですね。

カメラとマイクも使えますので盗聴盗撮も自由に行われます。

盗聴盗撮されたものがネットに流れれば、完全に削除することは出来ないでしょう。

まだまだスマホ=ウイルスという認識が薄い。

パソコンと違って、常に電源の入っているスマートフォンだからこそ情報も多く、その分、危険度も高いのです。しかもスマートフォンの情報は直接に金銭に結びつくので、より慎重になるべきです。(松本佳代子)

ウイルスに感染しない為には?

①しっかりしたセキュリティソフトを導入する

最近のセキュリティアプリには「アンチセフト」と言う機能があり、紛失時に何処にあるかを探して連絡してくれる機能、遠隔操作でロックが出来る機能があり、ソフト的な安全性とは別に人為的なミスによる個人情報流出も防ぐ事が出来ます。

②むやみに無料アプリをダウンロードしない

ウイルスは利用者が意図してインストールしたアプリ(アプリケーション)に仕組まれている場合もありますので、アプリのインストールも慎重に行う必要があります。

アプリをインストールする前に、レビューを見たり、インターネットで検索してみるなど、事前に情報収集することで、被害を未然に防ぐこともできます。

③その他のリスク回避

紛失・盗難によって機密情報が外に漏れるかもしれない、というリスクがあります。
万が一に備えて、パスワードロックなどで対策を。

1 2