1. まとめトップ
  2. 雑学

モスキート音で耳年齢診断!!ちょっと待ってそれそもそも音なってないかも

「モスキート音」というものをご存知でしょうか? これは、「若者には聴こえるけれど年齢が高い人には聴こえない非常に高い音」テレビでも取り上げられることも多く、聞いたことがあるのではないでしょうか?でも、耳年齢の診断にモスキート音を使うのはちょっと。。

更新日: 2017年10月30日

95 お気に入り 458500 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

1_am_a_geekさん

モスキート音ってどんな音

若者には聴こえるけれど年齢が高い人には聴こえない非常に高い音

最近では、モスキート音の特性を利用して若者が、集まって困る場所などに利用されている

蚊(mosquito)の羽音にちなんで名付けられました。

人間の耳と音について

人間には、聞くことができる音が決まっています。
しかもその範囲は年齢を追うごとに狭まって行くとのこと。

この音を聴き分ける能力は年齢と共に変化し、30代になると17KHz程度の音は聴こえなくなるといわれています

モスキート音はこの17KHzの周波数を持つ音のことで、キーンとした非常に耳障りな音です。

「○○Hzの音を聴いてみましょう聞こえましたか?」にだまされるな!

もし、あなたが音にこだわりのない人ならば、あなたの再生機器ではモスキート音がならない可能性があります。

スピーカー(Speaker)は電気信号を物理振動に変えて、音楽や音声などの音を生み出す機械である。

スピーカーは大きさや、形状、重さによって出す音の高さに向き不向きがあります。

ステレオのスピーカーに音の出る部分が複数あるのはこのため

ウーファー・サブウーファー・ツイーター・スコーカーなどなど

ウーファーなんてのはよく聴きますよね

小さく軽量なツイーターは高音を出力するためのスピーカー

つまり、一つのスピーカーで記録した音を完璧に再現することは不可能

テレビや、モバイルのスピーカーの再生能力は人間の声だけ再生できれば十分

音声伝送に使う周波数の幅。電話では0.3〜3.4kHzのことをいう。

人間の声は、その主成分はおおむね0.2〜4kHzの周波数範囲にあるとされている。

効率化するためには、1回線分の周波数の幅は、極力狭い方が良い。そこで、電話の音声周波数帯域は0.3〜3.4kHzとなった。

家電量販店で、液晶テレビは音質が悪いので、ホームシアターを
購入した方が良いと勧められました。

テレビやスマホにはモスキート音を再生できる能力がないかも

モスキート音のサンプルをご用意しました。

このあたりは全く問題なく再生可能、音楽でもシンバルやエレキギターのひずみの音などが多く含まれている帯域です。

これ鳴ってるかな?このYouTube音源も信用できないんだけど。。
MP3などの音声フォーマットによっても高音はカットされてることがあります。

再生する機器によっては、音量がものすごく小さく聞こえる可能性があります。
または、年齢よってあなたの耳が衰えている可能性もあります。

モスキート音が「月曜から夜ふかし」で流され

1 2