1. まとめトップ

「菊正宗 日本酒の化粧水」がプチプラでかなりいい!

化粧水は、たっぷり惜しげ無く使いたいアイテム。だから大容量でプチプラが嬉しい!売り切れるお店もある程の「菊正宗 日本酒の化粧水」がかなりいいらしい。

更新日: 2014年05月21日

nijiijiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
97 お気に入り 118837 view
お気に入り追加

たっぷり500ml入った日本酒を用いた化粧水

これ一本に日本酒1升(1.8L)分の主要アミノ酸がギュギュッと濃縮されています。

たっぷり500ml容量なので、フェイスはもちろん全身にお使いいただけます。

たっぷり使えて、毎日うるうる、ぷるんぷるんうるおいを与えて肌の状態を整える日本酒※(コメ発酵液、保湿成分)配合の化粧水です。

菊正宗ネットショップにて
500ml 799円(税込・送料別)
ととても格安

成分

成分:水、BG、コメ発酵液、グリチルリチン酸2K、アルギニン、グルタミン酸、イソロイシン、プラセンタエキス、アルブチン、(スチレン/アクリレーツ)コポリマー、変性アルコール、グリセリン、クエン酸、クエン酸Na、メチルパラベン、プロピルパラベン、香料

日本酒の凄い効能

化粧品がない時代からお肌のコンディションを整えるために水で薄めた日本酒が使われていました。 人前に出る芸子さんが残った日本酒を活用していました。

古くから酒蔵で働く職人さんの手や肌は色白できれいと言われています。

「菊正宗 日本酒の化粧水」に含まれる日本酒の成分

【アミノ酸】

アミノ酸=保湿成分

アミノ酸は、美肌を保つために重要な役割を果たしています。というのも・・・アミノ酸は、ヒトのお肌の一番外側にある角質層で、美肌を保つための保湿成分として存在しているからなのです!

アミノ酸は、私たちが元々持っている保湿成分!

主成分がアミノ酸の天然保湿因子は、他にもいろいろな保湿成分から成っています。

※天然保湿因子(NMF)の主成分・・・アミノ酸40%、PCA(ピロリドカルボン酸)12%、乳酸12%、尿素7%、他)

アミノ酸は、角質層で保湿成分として働きます。このアミノ酸が、日本酒にはワインのなんと10倍以上も含まれているというから驚きです。

【米発酵エキス】

米発酵エキスは、保湿効果をうたって良いほど、保湿に優れています。また、お酒には、肌が黒くなる原因のメラニン色素の原因となるチロシナーゼを抑制する効果があると言われています。

創業355年の菊正宗酒造

創業は万治2年(1659年)と古く、最近まで業界の大手として清酒業界をリードしてきた。

古くは後醍醐天皇に、澤乃井より汲んだ水で酒を造り献上したといわれており、その時天皇より嘉納の名を賜ったとされている。

「菊正宗」はとりわけ関東地方で根強い人気を誇り、辛口が多い。現在では手間がかかるためあまり行われていない、生酛造りにこだわっている。 また、樽酒ではトップシェアを取っており、料理と一緒に飲むお酒として人気がある。

皆のクチコミ

菊正宗 日本酒の化粧水。うるおいを与えて肌の状態を整える、顔と体用の大容量弱酸性化粧水。→新しい化粧水!すごいよかったから、自分で買ってみた!やっぱりいい(((o(*´ω`*)o))) pic.twitter.com/lzEYfwjqQA hrkn_y_live

美肌の友人Aに教わった菊正宗の化粧水なかなか調子がいい。ただ二日酔いのときとかにこれを使う気になるかは怪しいな

1 2





nijiijiさん

気になる事まとめるぞ!