1. まとめトップ

【初心者でも簡単マスター】これであなたも“サビキ釣りの達人”に!

全くの釣り初心者や家族で釣りをする際に、手軽で簡単、そして釣果も見込める【サビキ釣り】がおすすめ!サビキ釣りの道具の揃え方や釣りの仕方などの入門から、ちょっと慣れた中級者の方もより上達できるコツをまとめました。

更新日: 2015年04月16日

228 お気に入り 1830027 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

falcon001さん

サビキ釣りとは?

簡単な仕掛けで誰でもいろんな魚が釣れちゃうサビキ釣り!
ファミリーフィッシングには最適なのだ。といっても奥が深い。
投げサビキ、ルアー釣りのように釣るジグサビキなどベテランでも
充分楽しめるのだ!釣り魚も豊富!アジ、イワシ、サバ、メバル、ワカシ、
タチウオ、 時には黒鯛(チヌ)なんかも掛かってしまう事があるから分からない。
とにかく手軽に始めましょう!!

初夏の頃になると、どこの波止でも家族連れが「わぁわぁ」とアジ狙いのサビキ釣りを楽しむ光景で賑わうようになります。初心者でも子供でも楽しめるのがサビキ釣りのいいところです。

サビキ釣りで釣れる魚

幼年期は群をつくって沿岸を回避。20~40cmに成長。沿岸からでは10~15cmクラスが釣れる。

沿岸性の魚。表層に大群をつくる。マサバとゴマサバ。30~40cmに成長。沿岸からでは15~25cmクラスが釣れる。

沿岸からやや沖合いの表・中層に群を作り遊泳する。30~40cmに成長。沿岸からでは15~25cmクラスが釣れる。

下あごが上あごより短い沿岸に群れているので釣れ出すと数がのびる。12~15cm。

メジナ、チャリコ(鯛の子)、海タナゴ、コトヒキ、イサキ、ベラ、サンバソウ(石鯛の子)、ボラ、ソウダカツオ、ツバス(ブリの子)シオ(カンパチの子)など、他にもたくさんの種類の魚が釣れます。

サビキ釣りのシーズン(時期)

サビキ釣りのシーズンは、ゴールデンウィークから秋までの比較的長い期間楽しめます。
一番釣れるのは秋の様ですが、釣り場のコンディションによって違いがあるでしょう。慣れてくると、潮見表を見て釣りに行く日取りを決めますが、初めは釣りに行ける日に行ってみましょう!
(ちなみに、満潮の2時間前位に現地到着が理想です。。。)
まずはやってみる、そのくらいの気持ちでいいのではないでしょうか。気合いを入れて日程を組んでも釣れない日がありますよ。釣果をあまり気にしないで出かけてみましょう。

サビキ仕掛け

サビキ釣りの基本は下カゴ。一番下にあるカゴにマキエを入れ、海へ投入する。すると、下カゴからマキエがジワジワと広がり、周囲にいた魚が集まってくる。集まった魚は、当然マキエを食べに集まったのだが、キラキラ光るサビキ(擬餌バリ)を間違えて食べてしまう。これがサビキ釣りのパターンとなる。

上にカゴを持って来ることで、効率的にアジを寄せサビキに掛けることが出来るし掛け。ただし、上のカゴと下のオモリと支点が2つできるので、初心者には扱いが難しい。仕掛け絡みも起こりやすいので、基本は下カゴ仕掛けとなる。

「足元で釣れるのは小型ばかり、やっぱり沖を狙いたい」。そんな時に使用したい仕掛け。サビキ仕掛けの上に棒ウキを持って来ることで、沖の一定のタナを狙える。ただし、食い渋る日には食い込みも悪いので、春から秋の仕掛けと言える。

サビキ仕掛けで必要なもの

竿は、外ガイドのもの、中通し(インターライン・インナーライン)タイプのものがありますが、サビキ釣りの場合あえて中通しの竿でなくてもかまいません。防波堤や漁港などでのサビキ釣りでは、「磯竿」の3~5号を準備してください。
写真は中通しが4号で、ガイド付きが5号です。これでオールマイティに使っています。チョイ投げ釣りにも使えます。長さは、3.0~5.3mのどれでもかまいませんが、あまり長くない方が使い勝手がよいと思います。4m前後が使いやすいと思います。

ミチイトの号数と関係がありますが、基本的には3~5号のミチイトが100mも巻ければOKです。
写真の黄色の数字は「シマノ」のリールのスプールの大きさ(=リールの大きさ)をあらわしています。
種類がいっぱいあってどれをそろえればいいのか迷ってしまいますが、3000番もあれば充分でしょう。
サビキ釣りで大物が掛かることはまずないですが、やはりドラグ性能のしっかりしたのがいいですね。

ミチイト
サビキ釣りでは、ナイロンの3~5号のいずれかです。今のイトは丈夫なので必ずしも号数の大きなものを巻く必要はないでしょう。もちろんメンテナンス次第ではありますが。シマノの3000番のリールなら、4号のイトが100m巻けます。
釣りから帰ったら必ずスプールをはずし、イトを巻いたスプールごと真水に一晩浸け、よく潮を落としておきましょう。

サビキの仕掛けは、いろいろなメーカーから様々な種類が発売されています。スキンの色、材質、ハリの大きさ…。サビキで釣れる魚は「マメアジ」を筆頭にカワハギであったり小サバだったり、キス・チャリコだったりします。いずれも型は小さいのでハリも大きくなくていいです。

釣り場近くのエサ屋さんでよく情報を聞き、釣り場と釣りモノにあった大きさ・スキンの色を相談し選ぶことでしょうね。

サビキ釣りに欠かせないのが網カゴです。魚が寄ってしまったらそんなにコマセを撒かなくても釣れますので、大きなカゴはいりません。大きいとコマセが早くなくなってしまいますよ。(笑)カゴの下にはオモリが付いています。また写真では見にくいですが、フック(スナップ)も付いていますので仕掛けにすぐに取り付けられるようになっています。
写真左側のフタ付きは、普段は使いません。投げ(飛ばし)サビキのときに使います。

コマセのアミエビを入れるバケツがあります。100円ショップのバケツでもいいのですが、そこはやはり釣り防具として?写真のようなバケツを持って行きましょう。(笑)
黄色いのは、釣れた魚を手を使わずにはずすマシン!(特に必要なし)オレンジは、手を汚さずにカゴにアミエビを入れるスプーン

まだ使えそうな仕掛けは再利用

アジなどの小物は氷締めといって、冷たい氷水につけて締めると鮮度よく持って帰ることができます。

あると便利な水汲みバケツ。
手を洗ったり、クーラーの氷に海水を入れ、魚を冷やすのに使います。
また、アミ餌で汚れた釣り場を海水で洗い流して、
帰りましょう!

左側はチューブに入っている物で、持ち運びに非常に便利です。
常温で保存可能で、手が汚れません。
右側は、釣具屋さんで『レンガ・ブロック』と呼ばれているアミエビの冷凍ブロックです。
こちらをバケツ等に入れて海水で溶かして使用します。
釣り場の近くに釣具屋(餌屋)がない、また、時間が早くて開いていない場合があるので、前日にでも購入して、解凍しておくとすぐに使えます。
そんな時もパックやチューブの物があると便利ですね♪

仕掛けの準備

サルカンを結びつけるには、以下の絵のように糸を通すんです。⑤の絵が逆向きになってしまいましたが、そこはご愛嬌ということで、勘弁して下さい。f(^^;;

市販仕掛けは、取り付けやすいようにできています。だから、仕掛けは台紙につけたままの状態で行いましょう。
台紙の両側に、スナップスイベルがぶら下がっています。そこに、道糸へ8の字チワワで結んだサルカンを、パチッとはめます。具体的には以下の絵の通りです。

、「道糸—市販仕掛け—コマセ袋—オモリ」を取り付ければ、仕掛けは完成です。
道糸側から、台紙についた仕掛けのハリを順々に外しましょう。焦らずに、絡まないように外して下さいね。意外にスムーズに外れると思いますよ!

1 2 3 4