1. まとめトップ

鳥取連続不審死事件とは【上田美由紀】

鳥取連続不審死事件とは鳥取県鳥取市を中心におこった連続不審死事件である。元スナックホステス・上田美由紀(2009年当時、35歳)の周辺で6人の不審死が起こり、注目された。

更新日: 2014年08月10日

15 お気に入り 452882 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

win-winさん

鳥取連続不審死事件

鳥取連続不審死事件(とっとりれんぞくふしんしじけん)とは鳥取県鳥取市を中心におこった連続不審死事件である。2009年に発覚した(事件は2004年から2009年にかけて、計6件)。元スナックホステスの女(2009年当時、35歳。)の周辺で6人の不審死が起こり、注目された。

2009年11月に女が別件の詐欺罪で逮捕された後に一連の不審死に関する捜査が行われた。2010年1月に女性は強盗殺人罪で逮捕され、最終的に2人を殺害した罪で起訴された。

鳥取連続不審死事件とは【上田美由紀】

一連の不審死事件

42歳男性不審死事件

2004年(平成16年)5月13日、女性の交際相手で、読売新聞鳥取支局に勤めていた男性記者(42歳)が段ボールに詰められた状態で鳥取市内で列車に轢かれ死亡した。段ボールには「出会って幸せだった」などのようなことが書かれており、鳥取県警は文面の様子などから遺書と判断し、男性記者の死因を「自殺」と処理して司法解剖などは行わなかった。男性記者は女性との金銭トラブルがあり、同僚などからたびたび借金をしていた。

27歳男性不審死事件

2007年(平成19年)8月18日、女性の家族と共に貝を採りに鳥取砂丘近くの海岸に出かけた会社員の男性(27歳)が海で溺れて病院に搬送、約10日後に死亡した。男性は泳げなかった。女性とは2001年頃にスナックで知り合い、2005年頃から同居するようになった[3]。男性は女性から日常的に熱湯をかけられるなどの暴行を受けていた。

41歳男性不審死事件

2008年(平成20年)2月、鳥取市郊外の山中で鳥取県警所属の男性警察官(41歳)が首つり死しているのが発見。男性は女性が働いていたスナックの常連客であり、2人の間で金銭トラブルがあったという。

47歳男性不審死事件(起訴事案)

2009年(平成21年)4月11日早朝、北栄町沖の日本海でトラック運転手の男性(47歳)の水死体を発見。遺体からは睡眠導入剤、肺からは水死の場合入るはずのない砂が検出された。

58歳男性不審死事件

同年9月、女性と同じアパートに住んでいた無職の58歳男性が女の車を借りて運転中、鳥取駅前で乗用車と衝突。女性は「相手と示談する」といい、男性から8万円をもらったが、その後、ことは進展せず、男性が示談相手ともめることになった。その1ヶ月後、男性は突如体調が悪くなり、10月27日に死亡。前日にはこん睡状態に陥っていた。男性は女性のスナックの常連客で、自宅の鍵を女性に預けていたという。

57歳男性不審死事件(起訴事案)

同年10月6日、自営業の男性(57歳)が「集金に行く」といい、車でどこかへ出発、翌日の午後2時、自宅から約4km離れている鳥取市内の摩尼川でうつ伏せの状態で死亡しているのが発見された。しかし、川は溺れるはずのない水深約20cmで顔を押し付けた可能性があり、遺体から睡眠導入剤が検出された。男性は女性とその同居人に140万円ほどの未収金があり、前日の発言はこのことだと思われる。現場から約10m離れたあたりに男性の車が発見され、カーナビの走行記録をみたところ、自宅を出発してから事務所そこから約7km離れた女性の自宅へ行き、数度、女性の自宅敷地を出入りし発見現場に到着。

上田美由紀の生い立ち

上田美由紀が育った殺伐家庭

周囲で6人の男が“怪死”している鳥取事件。県警は川で遺体で見つかった
円山秀樹さん(57)の不審死を殺人と断定し、デブ専ホステスの上田美
由紀(35)が何らかの事情を知っているとみて調べている。
「東」の毒婦・木嶋佳苗(34)と並ぶ「西」の毒婦は一体どんな幼少時代
を過ごしていたのか。

旧姓は『堀江』。子ども時代は、6畳2間と8畳1間の平屋に、今の美由紀
とソックリの厚化粧の母親と土木作業員の父親、5歳年上の兄の4人で住ん
でいた。
母親はいつも怒鳴っていて、父親は物静かな印象」(近隣関係者)
小さな田舎町で母親の派手な化粧はかなり目立ち、父親が物静かだっただけ
に、母親にはとかく悪いウワサが付きまとっていたという。
美由紀は小学生の時から手が付けられない悪ガキで、隣家に勝手に上がりこ
み、モノを壊す、盗はは当たり前。親分気取りで友達に命令ばかりし、ホラ
吹きでも有名だったという。
地元では『あの家に近寄るな』と煙たがられる一家でした」(前出の関係者)
地元の大栄中を卒業。その後はこの土地を離れている。「大阪で10代後半に
『自衛隊関係者』と結婚した。しかし、父親が亡くなった頃に離婚し、2人の
子どもを連れて実家に戻ってきた」(地元記者)
地元で会社員と再婚し、2人の子どもが生まれたが、再び離婚。
その頃から、ホステスとして店で知り合った新聞記者や警察官などの常連客を
落としていく。

http://superlife.ashita-sanuki.jp/e194722.html

「鳥取連続不審死」上田美由紀被告のスナック勤務時代

美由紀は20代からこの街で働いてきたと言われている。子どもの都合等でよく休み、月給は7万円ほどだったという。スナックの仕事以外に、5人の子どもを抱えた美由紀がどのように生計を立てていたのかは、分かっていない。母子手当や生活保護を受けていたという話もない。病院の清掃員をしていた、風俗で働いていた、といろんなうわさがある。美由紀自身は、看護師を名乗ることが多かった。

 美由紀が働いていたスナックで、何度かお酒を飲んだ。高い点数を出した分だけ女性の裸が見られるカラオケに、全面黒い鏡張りの壁、赤いビロードの椅子。時代が止まったかのようなこのスナックに、美由紀は2年ほど勤めていた。美由紀は豪快に飲み、軽快にしゃべり、けんかが起きた時は「おらぁ!」と声をあげ一蹴するような姉御肌で、男性客に人気があったという。

 いつだったか、私が飲んでいる時、そばにいた60代男女の痴話げんかが始まり、男がいきなり女を張り倒し、テーブルに組み伏せると、胸ぐらをつかんでビール瓶を振り上げた。あっという間の出来事だった。20代の女性従業員が慣れた感じで警察に電話をした。息をのみ固まっている私と編集者に、「いつものこと」と、別の客が言い、「美由紀がいたら『やめんさい!』ってバシッ! ってタオルでも投げて終わらせたよね」、と70代のママが、教えてあげる、といった感じで私に話しかけてきた。

http://dot.asahi.com/wa/2012110900007.html

裁判

上田美由紀被告、2審も死刑 鳥取連続不審死事件 広島高裁松江支部

鳥取県で平成21年に起きた連続不審死事件で、2件の強盗殺人罪などに問われ、1審鳥取地裁の裁判員裁判で死刑判決を受けた元スナック従業員、上田(うえた)美由紀被告(40)の控訴審判決公判が20日、広島高裁松江支部で開かれ、塚本伊平裁判長は状況証拠に基づき上田被告の犯行を認定した1審判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。

 1審でほぼ黙秘していた上田被告は控訴審で自ら関与を否定し、弁護側も無罪を主張した。直接証拠がなく、被告の供述の信用性をどう評価するかが最大の争点だった。

 1審判決は、被害者2人の自殺や事故死の可能性を否定。(1)2人から検出された成分と同じ睡眠薬を被告が入手していた(2)殺害の機会があったのは上田被告だけで、事件直後に現場付近でずぶぬれになっていた(3)借金などの返済を免れる動機があった-ことなどを認定し、被告の犯行と結論づけた。

 上田被告は控訴審の被告人質問で、当時同居していた元会社員の男性(50)に言及し、「男性が被害者を追って海岸に向かい、戻ってくるとズボンがぬれていた」「別の被害者は男性の車に乗って行方が分からなくなった。ニュースで何かあったと知ったが、男性に口止めされた」などと犯行を示唆した。

 借金返済などを免れるという動機については「返済を迫られたことはない」と否定。弁護側も「被告には殺害の動機や機会がなかった」として、改めて無罪を主張していた。

 一方、検察側は上田被告の供述を「虚偽の弁解。借用証書など客観的証拠に反し信用できない」として控訴棄却を求めていた。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140320/trl14032011090000-n1.htm

報道

この事件は、2009年11月2日に詐欺容疑で上田美由紀が逮捕された際、鳥取県警は実名を公表し、県警記者クラブに加盟する報道各社に発表資料を配布した。しかし、不審死事件が発覚した5日以降は匿名にきりかわった。これは、殺人容疑で立件されれば裁判員裁判の対象となるため、世間に予断をあたえないための配慮とされている。しかし、ほとんどの週刊誌は実名や顔写真を掲載し、センセーショナルな見出しで女の生い立ちや生活実態を報道した。『週刊新潮』は、『社会的な関心がおおきく、「知る権利」にこたえるため』、『週刊文春』は「事案の重大性をかんがみて」という理由で実名報道を選択した理由を説明している。
一連の報道についてマスコミ研究者の桂敬一は、「実名報道は捜査当局の判断をまってからでもおそくない。興味本位の報道ではよくなく、インターネット上でも情報が氾濫しており、フィクションの世界で犯罪ができあがるような錯覚すらおぼえる」と指摘している。
2010年1月28日に女が強盗殺人罪で逮捕されたのを機に、テレビや大手新聞でも実名報道に切り替えとなった。

http://ja.yourpedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E7%94%B0%E7%BE%8E%E7%94%B1%E7%B4%80

上田美由紀被告と三角関係!? 木嶋佳苗が熱烈求愛するジャーナリストとの恋の行方

首都圏連続不審死事件の木嶋佳苗被告

首都圏連続不審死事件の木嶋佳苗被告が「木嶋佳苗の拘置所日記」なるブログを開始したことがわかり、話題になっている。

 木嶋被告は3人の男性を殺害し、また他男性への詐欺罪などで2012年4月に死刑の一審判決を受け、今年3月12日の控訴審判決を待つ身である。同様の獄中ブログでは、ホリエモンこと堀江貴文氏が開設したことがあるが、事件発覚前は無名の、しかも一審で死刑判決を受け控訴中の被告がブログとは、前代未聞だ。

 内容も、事件を追ったライターたちを皮肉交じりで揶揄するなど、一審法廷での“セックス自慢”そのままの上から目線に、相変わらずの舌鋒。逮捕前に木嶋被告が開設していた「セレブブログ」を彷彿とさせるものだ。

 だが、何より仰天すべきは木嶋被告が獄中で、“新たな恋”をしているということである。しかも、恋のライバルまで存在する獄中三角関係。

 そのお相手とは共同通信出身のジャーナリストで、『モーニングバード!』(テレビ朝日系)などのコメンテーターも務める青木理氏。ブログには、木嶋被告から青木氏への熱烈ラブコールが綴られている。

<個人的に青木さんの髪が好き。ほんの少し白髪混じりで長めのサラサラした真っすぐな髪が、とても似合ってる。長身痩躯のあのルックスで取材に来られたら、ドキドキしちゃうだろうなぁ>

 立派な愛の告白であり、ブログを開設した動機も、青木の著書『誘蛾灯 鳥取連続不審死事件』(講談社)に触発されたからだという。

<私はかなりの本読みであるけれど、「誘蛾灯」は、39年の人生でノンフィクション部門ナンバーワンの1冊>(※現在は削除)

<青木さんの、日本の刑事司法やメディアの在り方に対する意見に深く共感した。フリーランスの若いジャーナリストに、これ程の見識と情熱がある人がいるとは。私は、ただただ敬服した。刑事事件について、私は青木さんの発言以上に感銘を受けた事はない>

 激しい好かれようであるが、木嶋被告のあまりの“青木ラブ”に伴い、その矛先は意外な人物へ向かう。それが、『誘蛾灯』の取材対象である上田美由紀被告だ。上田被告は鳥取で男性2人を殺害したとして一審死刑判決が出ている女性だが、ほかにも周辺で不審死が多発するなど、木嶋被告と比べられることも多い。

 ブログには、これまで嫉妬という感情などなかったという木嶋被告が、<ある女性に嫉妬した。上田美由紀さんという人に>と名指しした上で、<私の事件を取材してくれていたら><彼は、私より上田さんを選んだのか。ショックだった><彼女(上田)は、自分が青木さんに選ばれた僥倖をわかっていないのだ>などと猛烈に嫉妬し、大馬鹿だ、嘘つきだと罵倒さえするのだ。

 東京と鳥取の“獄中”で繰り広げられる三角関係。そして木嶋被告のラブコールは、クライマックスを迎える。

<いつか青木さんと会えることができたら、堂々と真実を話せる自分でありたいと思い、真面目に努力を重ねてきた>

 現在、木嶋被告は、青木氏と会うためだけに生きている。木嶋被告にとっては、究極の“恋”かもしれない。

 そして注目すべきは青木の今後の動向だ。木嶋の熱いラブコールに応え取材に乗り出すことはあるのだろうか。

「これまで青木は『木嶋被告の事件には、まったく興味がない』と一貫して公言しています」(出版関係者)

 残念ながら、木嶋被告の一方的な片思いに終わる公算が大きいようだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/8593307/

1