周囲で6人の男が“怪死”している鳥取事件。県警は川で遺体で見つかった
円山秀樹さん(57)の不審死を殺人と断定し、デブ専ホステスの上田美
由紀(35)が何らかの事情を知っているとみて調べている。
「東」の毒婦・木嶋佳苗(34)と並ぶ「西」の毒婦は一体どんな幼少時代
を過ごしていたのか。

旧姓は『堀江』。子ども時代は、6畳2間と8畳1間の平屋に、今の美由紀
とソックリの厚化粧の母親と土木作業員の父親、5歳年上の兄の4人で住ん
でいた。
母親はいつも怒鳴っていて、父親は物静かな印象」(近隣関係者)
小さな田舎町で母親の派手な化粧はかなり目立ち、父親が物静かだっただけ
に、母親にはとかく悪いウワサが付きまとっていたという。
美由紀は小学生の時から手が付けられない悪ガキで、隣家に勝手に上がりこ
み、モノを壊す、盗はは当たり前。親分気取りで友達に命令ばかりし、ホラ
吹きでも有名だったという。
地元では『あの家に近寄るな』と煙たがられる一家でした」(前出の関係者)
地元の大栄中を卒業。その後はこの土地を離れている。「大阪で10代後半に
『自衛隊関係者』と結婚した。しかし、父親が亡くなった頃に離婚し、2人の
子どもを連れて実家に戻ってきた」(地元記者)
地元で会社員と再婚し、2人の子どもが生まれたが、再び離婚。
その頃から、ホステスとして店で知り合った新聞記者や警察官などの常連客を
落としていく。

http://superlife.ashita-sanuki.jp/e194722.html

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

鳥取連続不審死事件とは【上田美由紀】

鳥取連続不審死事件とは鳥取県鳥取市を中心におこった連続不審死事件である。元スナックホステス・上田美由紀(2009年当時、35歳)の周辺で6人の不審死が起こり、注目された。

このまとめを見る