1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

romonさん

大津市中2いじめ自殺事件

2011年に滋賀県大津市内の市立中学校の当時2年生の男子生徒が、いじめを苦に自宅で自殺するに至った事件。事件前後の学校と教育委員会の隠蔽体質が発覚、問題視され、大きく報道された。

・口を粘着テープで塞ぐなどの虐待
・自宅から貴金属や財布を盗む
・集団リンチ
・金銭要求、万引きをさせられる
・虫の死骸を食べさせる
・顔に落書き
・自殺の練習
・担任はいじめをみて一緒に笑う

壮絶ないじめに耐えられなくなった被害者は自殺前日に自殺を仄めかすメールを加害者らに送ったが、加害者らは相手にしなかった。男子生徒は10月11日、自宅マンションから飛び降り自殺した。

被害者の自殺後も加害者らは自殺した生徒の顔写真に穴を空けたり落書きをしたりしていた。自殺の原因究明のために行われたアンケートに、加害者とされる生徒は「死んでくれて嬉しい」・「死んだって聞いて笑った」と記載した。

クラス担当の担任は、自殺後の保護者説明会に姿を見せず、事件直後より2013年3月まで休職。

学校側は後ほど「虐めた側にも人権がある」として、『教育的配慮』より加害者の生徒に聞き取り調査は実施しなかったことが明らかとなった。

遺族は大津警察署に対して、3度にわたり被害届を提出したが「被害者本人が自殺しており存在していない」として受理されなかったが、この事が大きく報道されると態度を変えて受理するに至った。

2012年12月に滋賀県警は加害者3人のうち2人を書類送検した。残る1人は当時は刑事罰の対象とならない13歳だったことから暴行などの非行事実で児童相談所に送致された。

本事件に倣って、全国で学校でのいじめに対する被害届が警察に殺到し、前年同期より4割増加し、2012年通年は例年の2-3倍となった。一部では「進学したいなら警察には言うな」と隠蔽工作を行う学校もあった。

桐生市小学生いじめ自殺事件

2010年、群馬県桐生市の小学6年生の女児が、同級生たちからの一年以上にもわたる執拗ないじめを苦にして自殺した事件。女児は、母親へのプレゼントにするはずだった手編みのマフラーをカーテンレールにかけ首をつった状態で発見された。

いじめが始まったのは転校先の学校で母親がフィリピン人であることについてからかう言葉を浴びせられた。彼女はいじめを訴えていたが、先生たちは「いじめというのはあなたのカン違いですよ」といって取り合わなかった。6年生になってクラスが替わり、担任が交代するといじめはさらにエスカレートした。

・「汚い」「臭い」「近寄るな」「プールがばい菌で汚れる」などと言われる
・上履きに「うざい、死ね」などの落書き
・給食時に一人にさせられるなどの仲間はずれ

女児のクラスは、同級生の一人が「いじめの中心になる子が何人かいて、ほかの子は何をされるか分からないから逆らえない。クラスはバラバラ」と評するような深刻な混乱状態に陥った。

「お父さん、お母さん、転校したい」「どんな遠い学校でもいいから歩いて行く」と、女児は何度も両親にすがっていた。10月の社会科の校外学習に出席した後、女児は二度と学校に行くことなく、自らの命を絶った。

2014年、前橋地方裁判所は学校側が適切な指導をしなかったため絶望的な状況に追い込まれたと指摘。「自殺の原因は校長と担任教諭にある」と認定し、市と県に450万円の支払いを命じた。

母親がフィリピン人であることから始まったこのいじめによる事件は海外にも報道され、日本の社会に潜む深刻な人種差別の実例として東南アジア諸国でも関心を呼んだ。

滝川高校いじめ自殺事件

2007年、兵庫県神戸市の私立滝川高校に通っていた当時高校3年生の男子生徒がいじめを苦にして自殺した事件。授業中に、「トイレに行く」と新館4階の教室を出た後に飛び降り自殺をした。また、ズボンのポケットから遺書が見つかった。

いじめの可能性が指摘されたが、学校側は当初はいじめを否認し続けていた。しかし、自殺から約2ヶ月後に一人目の加害者が逮捕されたのちに、態度を一変させ、いじめの存在を初めて公式に認めた。その後、残りの加害者3人が逮捕された。

学校裏サイトの存在がマスコミにより広く報じられ、社会的に広く知られるようになった事件でもある。

・金銭の要求
・使い走りの強要
・教室の机の上や机の中に紙粘土を入れられるなどの嫌がらせ
・「学校裏サイト」には裸の写真を載せられたり、個人情報が掲載されたりした

追手門学院大学いじめ自殺事件

2007年に大阪府茨木市の追手門学院大学に通う在日インド人学生が神戸市の自宅のマンションから飛び降り自殺をした事件。

いじめを苦にしていたことを示す遺書が残されていたにもかかわらず、大学は調査を行わなかった。亡くなった学生の父親も、約1年後に「息子に会いに行く」と言い残し、同じ場所から飛び降り自殺をした。

1 2 3 4