1. まとめトップ

【名盤】英ニューウェーヴの傑作!ザ・モノクローム・セット "Strange Boutique"

1978年に英国で結成されたThe Monochrome Set。アンディー・ウォーホルは、彼らのサウンドを「ベンチャーズとヴェルヴェット・アンダーグラウンドを足して2で割った様」だと評したそうだが、言いえて妙!1980年発売の傑作デビューアルバム"Strange Boutique"をご紹介!

更新日: 2014年07月04日

3 お気に入り 4831 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Match-A-Manさん

The Monochrome Set "Strange Boutique"(1980)

アンディー・ウォーホルは、彼らのサウンドを「ベンチャーズとヴェルヴェット・アンダーグラウンドを足して2で割った様」だと評した!

ボーカル Bid の力の抜けたボーカルと Lester Square のギターを中心に まさにモノクロームなサウンド!!

スタジオ録音+当時のライヴ映像で アルバム収録順にまとめてみました!

"Strange Boutique"

A1. The Monochrome Set (I Presume)
A2. The Lighter Side of Dating
A3. Espresso
A4. The Puerto Rican Fence Climber
A5. Tomorrow Will Be Too Long
A6. Martians Go Home

B1. Love Goes Down the Drain
B2. Ici Les Enfants
B3. The Etcetera Stroll
B4. Goodbye Joe
B5. The Strange Boutique

1979年に当時注目の"Rough Trade"レーベルの第一弾レコードとしてシングルデビュー
した彼らですが、1980年のデビューアルバムは"Din Disk"レーベルへ移籍し発売され、
話題となりました。
「白黒テレビ」をグループ名とし、アルバムジャケットもモノクロ!

A-1 "The Monochrome Set (I Presume)"

A-2 "The Lighter Side of Dating"

<Live>

A-3 "Espresso"

A-4 "The Puerto Rican Fence Climber"

A-5 "Tomorrow Will Be Too Long"

<Live>

A-6 "Martians Go Home"

<Live>

B-1 "Love Goes Down the Drain"

<Live>

B-2 "Ici Les Enfants"

1 2