1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

あのできる人から学ぶ…自分を変えるには「すぐやる人」になること!

もしかすると、「すぐやる人」は最強かもしれません。その時の気分や感情に左右されずに仕事にとりかかり、仕事を進めることによって、モチベーションを上げていきます。なので、仕事が不用意に溜まっていくことがありません。

更新日: 2014年08月13日

randoseruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1595 お気に入り 83706 view
お気に入り追加

▼ 「 すぐやる人 」 は最強かも… ※仕事ができる人である

「 すぐやる人 」 は最強だと最近つくづく思うようになってきた

兎に角前に進んでしまうことの方が大切だと思うようになってきた

時間があると思っていれば集中力も生まれないし、何より,いつかやろう,漠然と思っていることが実現することはないことが分かっている

わたしは、大学を卒業して社会人になってから、実は、この1点を最も意識しながら仕事をして来ました。それだけで、周囲の人からは、「 仕事が出来る人 」 と認識してもらえていたように思います・

▼ 「 すぐやる人 」 は ❝ 主導権 ❞ を手にすることができる…

自分が計画しない人は、他人の計画に巻き込まれていくのだ・

自分の計画を100%自分のモノにするには他人より先に計画する

連絡をよこしてきた時点でアウトなのです。先手をとることでお客さんをリードできれば、結果的にそれはお客さんの安心に繋がります

当然すぐやる人の方が改善が積み重なる分成長できるし躊躇することなく物事にチャレンジできるのでチャンスもつかみやすくなります

▼ その時の気分や感情に左右されず、とにかくとりかかってみる

今の気分や感情がどうであれ、とにかく、❝ とりかかって ❞ みる

ちょっとでも始めてしまえば、仕事は 「 宿題 」 にはならない

作業に取りかかり、始めてみれば意外と簡単に片付くことがあります。また、片付くまでいかないにせよぐっと前に進むことがあります

私は気分が乗るのを待ちません。そんなのを待っていたら何も達成できなくなります。大事なのはとにかくとりかかること。これを知る

一度決断しても、やる前から色々な事を考えていると、高まっていたモチベーションが低下して動けなくなってしまいます。大切なことは、、決断をしたなら何も考えず、すぐに行動を起こすことですね・

▼ 「 やる気 」 は後からついてくる ※自然にエンジンがかかる

手を付けてみたら、意外に集中して打ち込むことができた ―

「 やる気にならないとできない 」と思っていること自体が間違い

やる気があったというよりは、やりだしたらエンジンかかってきてだんだん面白くなってきて良い意味でやめられなくなってしまった・

考えるのではなく「やる気なんて無くてもいい、やればやる気は後からついてくる」とまずは行動してしまうこと、と言えるでしょうか

1 2





わかりやすさとクオリティ重視です。
読者の役に立つ情報を丁寧にまとめます。

ジャンル:
ビジネス、自己啓発、子育て、恋愛、
雑学他

Twitter: http://bit.ly/RFda49