1. まとめトップ

大総統閣下が○○にお怒りのようです。

映画「ヒトラー 〜最期の12日間〜」の個人編集シリーズが面白い!!ヘタレな大総統閣下と空耳字幕に注目です。ももクロや羽生結弦くん、時には時事ネタにまで怒っている!増え続けている大総統閣下シリーズをまとめました。

更新日: 2014年05月24日

7 お気に入り 46578 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kiroro0905さん

大総統閣下がお怒りのようですシリーズ って?

映画「ヒトラー 〜最期の12日間〜」の一部をパロディ化し、動画サイトにアップされたシリーズです。
ヒトラーが怒っている場面に字幕でアフレコをつけたもので、
一部空耳に聞こえるものもありとても面白いものに仕上がっています。
このパロディ動画はあらゆる時事ネタが用いられており、日本だけではなく世界中で作られています。

まずは、オリジナルの動画をどうぞ。日本語版です。
何を言っているのか吹き替えで理解できますよね。まじめなお話をしています。

パロディ化されると・・・

ほかの動画の探し方は?

動画サイトにて、「総統閣下」で検索してみてください。
削除されてしまうことがあるので、定期的な検索をお勧めします。

ところで、原作者は怒らないの・・・?

2010年1月15日のニューヨーク・タイムズ・マガジンのブログでは、原作のヒルシュビーゲル監督自身が「ファンから大量に送られてくるパロディ動画のリンクを見て大笑いしている」と楽しんでいる様子が見受けられた

パロディ化にはおおらかな監督。
怒るどころか、自身も楽しんでいるそう。

しかし一方では・・・

しかし製作会社はそうは思わなかったらしく、目に余ったのか、YouTubeでは2010年4月頃から目立つ動画が次々消されていった

3分の映像であれ、著作権によって守られているもの。

大総統閣下シリーズが人気過ぎて起こった、有料配信

ちなみに、2012年1月16日に行われた「ニコニコ映画【特別】上映会」にて、元ネタである映画「ヒトラー ~最期の12日間~」が公式にニコニコ動画上で上映された。ニコニコ映画上映会は基本的に有料動画だが、この回では特別企画として、「本編約155分のうち、クライマックスを含む約151分(97.4%)を無料上映」とし、カットされた序盤の約4分間を見る場合は400円(プレミアム会員なら100円)を払わなければならないというスタイルでの公開となった。

要するに、このシリーズの素材となった「例のあのシーン」だけ有料で公開したのである。しかも告知ページには「『総統閣下』が降臨なさるようです」と書かれており、完全に確信犯(誤用)でやっているもよう。これにはさすがの総統閣下も苦笑い

みんなが見たいオリジナルの序盤4分だけ、有料で配信された。
それだけ人気があるのです。

1