1. まとめトップ
  2. 雑学

海外ドラマでよく見かける両手のピースみたいなジェスチャーの意味

海外(主にアメリカ)のドラマや映画でよく見かける「エアクオート」や「フィンガークオート」と呼ばれるジェスチャーについてまとめました。

更新日: 2014年05月24日

398 お気に入り 391558 view
お気に入り追加

海外ドラマや映画で見かけるカニの手みたいなジェスチャー

ジェスチャーと言えば、ハリウッド映画を観ていると偶に、話しながら両手の人差し指と中指をピースの状態にして2回ほどチョンチョンと前方に折るジェスチャーを良く見かけるのではないだろうか

Wピースを折り曲げるしぐさはどういう意味ですか? よく海外ドラマ(アメリカ)で両手のピースをクイクイと折り曲げて話す仕草がありますが、あれはどういった意味なのでしょうか?

「エアクオーツ」という欧米でよく使われるジェスチャー

エアクオートは、主に欧米で会話中に使われるジェスチャーの一つ

フィンガークォートともいいます。主にアメリカ人が使うそうです。

ある単語や節を発話するときに両の手を顔の横でピースサインのような形をつくり、クイクイと指を曲げる動作のことである

両手でピースをした状態で、目の高さで二回指をクイクイッと折り曲げます。

このジェスチャーは二重引用符(“ ”ダブルクォーテーションマーク)を意味する

ダブルクォーテーションマークを指で作ったジェスチャーです。

それによって発話中の単語に、印刷文中でダブルクオーテーションマークで括弧されたときと同様の効果をもたらす

単に言葉を強調するだけの意味だけではない

強調したい言葉に使うという人もいますが、本来はかぎかっこにした言葉をそのままの意味ではなく、ちょっと違う意味で使ってるよという感じだそうです

会話の中で「いわば」とか「いわゆる」とか括弧つきでものを言うときに使い、皮肉やブラックジョークを言うときに使う人が多いです

カジュアルな場で使われることが多いです。コメディドラマの場合、笑わせる場面で使われることが多い。

誰かが使用している時には『裏に何か意味が含まれている』叫びと思って聞くとよいと思います

皮肉っていることをジェスチャーしてくれているので「何か裏の意味があるんだな」と分かるので日本語より分かりやすい。

主に皮肉を表すジェスチャー

誰かが言った事や考えている事、一般に広く思われている事などを引用しつつも、それに対して話し手が皮肉気味に表現したい時や反論を示したい場合

誰かが言った事などを引用しつつも、それに対して話し手が本当でない事を知っている場合の表現法。冷やかしや皮肉の意味を伴う事が多い。

●例●

So you were "accidentally" at the restaurant with her?
(じゃあ、彼女と"偶然"そのレストランにいたってわけだ)
*"本当に偶然だったかは疑わしいけどね"という意味を含みます

「」内の言葉がジェスチャーされる部分です。この場合「疑問」や「嫌味」を表しています。

Yeah. As she said, "He's awesome."
(そうだね、彼女の言うように"彼はスゴいね")
*"おれはそうは思わないけどね"という含みを感じさせます

この場合は「反論」の意味。

They said they were going up to her room to “study” again, but all I hear is nothing but noise. I wonder what kind of study they are doing.
(あのカップル、また彼女の部屋で「勉強する」って言ってたけど、さっきから雑音ばっか立ててるぜ。いったいどんな勉強をしているのやら、、、。)

「疑問」「冷やかし」の意味で使われています。

The president declared his full support for the War. He said it’s to save people in the world. He really is a “peace maker.”
(大統領が戦争の為の全面的支援を宣言したよ。世界の人々を守る為なんだってさ。大統領はまさに“ピースメーカー”だよなー。)

大統領が「戦争の為の全面的支援を宣言した」事と「世界の人々を守る為と発言した」事の矛盾を「ピースメーカー」とジェスチャーつきで称える事によって皮肉っぽく指摘しています。

1 2





映画・アニメ・マンガ・音楽・食べ物関係のネタが好きです。自分の興味をみんなと共有できたらいいなと思います。「たのしい」まとめになるよう精進していきます!