1. まとめトップ
  2. レシピ

梅酒だけじゃない!びわ、ブルーベリー…今が旬の果物で自家製果実酒を作ろう

最近スーパーの店頭でやたらと見かけるホワイトリカー、氷砂糖、広口瓶。そう、青梅が出回るこの季節は、初心者でも作りやすい梅酒を仕込む人が増えます。ほかにも様々な果物で作る果実酒、これって意外と簡単なんです。見た目にも美しい果実酒作り、今年はあなたも楽しんでみませんか?

更新日: 2014年05月24日

999 お気に入り 89434 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kikimasterさん

意外と簡単、果実酒作りにハマる人多し!

初心者でも作りやすいとあって人気の「梅酒」。

おにゃのこ部屋に誘いたい男は自家製梅酒作るか親とか作ってるのもらっとけ。「ウチに自家製梅酒あってちょーうまいんだけど飲む?」で結構来るw

今晩はぬくぬくと飲むかと、叔父さんから届いた自家製ゴールドキウイ酒はエキセントリックな味がした(´・ω・)

キウイは秋頃から冬にかけてが美味しいです。

皆さんリモンチェッロってご存知ですか?イタリアで消化を助けてくれるディジェスティーボ(食後酒)として食後にキュッと飲まれている、レモンの皮を漬け込んだお酒なんです。 当店ではただ今、自家製リモンチェッロを漬け込み中。食後に一杯飲んでみてくださいね。

食後に飲むとすっきりした味わい。旬は3月です。

基本は「果実、氷砂糖、ホワイトリカー」の3つ!置いとくだけで美味しくなる優れモノ。この時期、おすすめの果実酒はこちら!

果実酒の中で最も人気の高い梅酒。おいしく作る秘訣は、虫食いや傷のない粒のそろった青梅を用意すること

・青梅/1kg
・氷砂糖/500g~800g(甘い飲み物で割る方は500gでOK)
・ホワイトリカー/1.8リットル(市販の果実酒用でOK)
・ビン/5リットル用、ふたが密封できるもの。
・竹串/梅のヘタを取るのに使います。数本用意して手分けして取りましょう。
http://www.kishu-baien.co.jp/recipe/umeshu.htm

アンズを果実酒にすると、ソフトで香り高く、セキ止めやゼンソクに効果があると言われています。

・あんず/1kg
・砂糖/100~200g
・ホワイトリカー/35% 1.8L

http://www.takarashuzo.co.jp/products/shochu/homemade/making/anzu.htm

滋養強壮のほか、眼精疲労にもよいと話題になったブルーベリー。甘味、酸味ともに強く、ワインのような美しい色のお酒になります。

・ブルーベリー/1.5kg
・砂糖/100~200g
・ホワイトリカー/35% 1.8L

http://www.takarashuzo.co.jp/products/shochu/homemade/making/blueberry.htm

びわは中国原産のフルーツ。(中略)疲労回復やせき止めなどに効果があるといわれる果実酒です。

・びわ/800g
・氷砂糖/100~200g
・ホワイトリカー/35% 1.8L

http://www.shochu.or.jp/kajitsushu/homemade/summer/biwa.html

さくらんぼは、初夏が旬です。青梅とさくらんぼを一緒に漬けても、おいしく出来上がります。

・さくらんぼ/1kg
・氷砂糖/200g
・ホワイトリカー/35% 1.8L

http://www.shochu.or.jp/kajitsushu/homemade/summer/cherry.html

いたって簡単!自家製果実酒を作るポイントは5つ!

果実は、その時期に旬の新鮮なもの、傷がなくきれいなものを選んでください。熟しすぎたものは濁りやすいので避けた方が良いでしょう。果物は洗った後、水気を十分にふき取ってから漬けましょう。

こーゆー傷んだものは美味しくないので、取り除きましょう。

用意する容器の大きさは35%ホワイトリカーの量の約2倍位(ホワイトリカーの使用量1.8Lの場合、容器は約4L程)の広口瓶がよいでしょう。(ガラス製が最適です。)よく洗浄して、十分乾かした清潔な瓶をご使用ください。

ゴム手袋をはめて、使用する瓶にシュッシュとまんべんなく吹き付けるだけの、アルコール除菌がおすすめ!

果実の特徴を最も活かしたお酒をつくるには、「ホワイトリカー」(アルコール35%)が適しています。

「果実の酒用ブランデー」(アルコール35%)を使用すると、より奥深い味わいの果実酒が出来上がるそうです。

最も適しているのは氷砂糖です。またグラニュー糖等でも作ることができます。はちみつ等を少量加えると、一味違う味わいが楽しめます。

漬け込んだら、風とおしのよい、温度変化の少ない冷暗所で保存しましょう。漬け込んだ年月日、果実名、生薬名を書いたラベルを貼っておくと便利です。

便利なアプリも登場!漬け込んだ果実を取り出す日にちまで教えてくれる!!

1 2