1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

脱臭剤から薬まで「炭」が持ってるポテンシャルが高すぎる

炭といえば、焼肉や魚を焼く時など、主に調理をする時に用いるというのが一般的ですが、それだけではなく脱臭剤や歯磨き粉、そして医薬品にまで使われて効果を発揮しています。その炭の用途とポテンシャルの高さについてご紹介します。

更新日: 2019年08月24日

249 お気に入り 100127 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

□本来、炭といえば

屋外などで料理をする際に使われるというのが定番ですよね。

キャンプの定番は炭でのBBQです。1人で楽しむのでしたら、絶対に備長炭です!使い量も少なく、京都の料亭などでは必ず備長炭を使用した炙り物や焼き物が定番

炭火料理はほとんどの人が「うめ~!!」といいます。炭火料理がおいしいわけの80%以上は赤外線よるものと思います。

炭で焼くと水分が無くてカラッと焼けますので お肉の水分が丁度頃合いに飛ばされ甘みが濃縮されたような焼き具合になります。

□その炭がいろいろな分野に進出してた

①まずは定番「脱臭剤」

炭には吸着効果があり、生活の中のあらゆる不快な臭いを取り除きます。消臭用の炭そんなに高級な炭でなくても効果を発揮し、浄水や料理、お風呂などで使用した炭も使いまわせる

炭は空気中の汚れや有害物質を吸着し、汚れた空気を浄化(消臭)する効果があります。無数の穴に有害物質を吸着します。くつ箱、クローゼットなどに、不織布などに1kg程度に小分けしてお使いください。

②これも定番!調湿作用

一般的な木炭の「調湿効果は半永久的」という謳い文句は、「太陽光(熱)が届く環境にありこと」が条件です

湿気を吸った炭はたまに天日干ししてあげることで復活します。

炭には多孔質な性質があります。一見は黒い固まりなのですが、顕微鏡でみるとスポンジ状態で、たくさんの穴(孔)が水分子を吸着・放出し、湿度を保つ働きがある

炭は木材などと比べて沢山の水分を吸収できます。そして、乾燥すると炭の中に入った水分は気化し水蒸気となって出て行きます。これが炭の調湿効果です

除湿向けに炭を生活に取り入れている人たちもいますが、実際は除湿効果だけではなく、調湿効果(除湿・加湿両方)として考えたほうがいいようです。

③歯磨き粉にも炭入りが!

黒い炭入り歯磨き粉の使い心地は非常にスッキリ。もちろん口周りや、洗面台が黒く汚れることはなかった。少なくとも、歯垢がスッキリとれて歯がツルツルするので、口臭が弱まってきているのは確かである。

使い続けるうちに、歯が白くなり、歯ぐきもピンク色に元気になってきている。そういえば、歯磨きの時に、血が出ない!

薬用炭が放出するマイナスイオンに吸着された、プラスイオンである汚れや虫歯菌・歯垢が、このたくさんの孔に吸収されて取り除きます。

歯磨きしたい( º_º ) 歯磨き粉は赤青白の三色のやつと炭のやつが好きです(。-∀-。)

④医薬品にもなってる

炭が医薬品にもなって注目されています。

人間の体内には健康を損なうさまざまな有害物質が入り込んでいますが、炭はこうした有害物質を強力な吸着作用で内部に吸い込み、便とともに体外に排出させることでわたしたちの健康を守ってくれる

薬用炭が老廃物を吸着し、生薬によって便と一緒に排出することで、腸内環境を正常化させる 新発想の整腸薬が発売された

治療の難しい慢性腎不全の治療に活躍するのが薬用炭です。薬用炭の一種である「球形吸着炭」は黒色の粉末で、無色無臭。 粒を球形にすることで最大にした表面積に細かい孔が無数に空いており、孔の大きさもターゲットとなる毒素を集中的に吸着できる

主に腸にある毒性物質を吸着させる役目と、その毒性物質の濾過を司っている腎臓の働きを助けます。

炭を原料とする薬には、腎臓の働きが悪くなった人の尿毒症を予防・改善するための解毒剤があります。また、腸内にガスがたまっている人に対して有害物質を吸着してガスの発生を抑え、腸内環境を整える整腸剤もあります。

商品名:炭かル・効能・効果:下記疾患における制酸作用と症状の改善:胃・十二指腸潰瘍、胃炎(急・慢性胃炎、薬剤性胃炎を含む)、上部消化管機能異常(神経性食思不振、いわゆる胃下垂症、胃酸過多症を含む)

一般名:沈降炭酸カルシウム

1 2