1. まとめトップ

クリスチアーノロナウドが「努力家」と呼ばれる所以

ポルトガルが誇る世界的スーパースター、クリスチアーノロナウド。彼は大変な努力家としても知られています。

更新日: 2014年05月27日

27 お気に入り 63171 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

gogosk1978さん

スピードに乗ったドリブル、パンチの効いたシュート力とゴール前での決定力は世界最高峰ある。脅威の跳躍力から繰り出される打点の高いヘディングも持ち味(とある試合でヘディングゴールを決めたときの跳躍が3メートル近かったことはあまりにも有名)。高速シザースフェイントからの突破やミドルシュートも得意としている。

スポルティング時代からコーチ陣揃って認めるほどの練習の虫で、現在でも居残り練習を積極的に行っている。

レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、サッカーに取り組む際の自身の姿勢について語った。クラブの公式HPが伝えている。

 C・ロナウドは、「すべてのプロ選手には才能があると思うんだ。でもそれを磨く努力をしないと偉大な選手に決してなれないよ。僕は、常にそれをやるように心がけている。自分の能力をピッチで出せるよう努めているんだ。試合でも練習でも、いいプレーができるようにね」とコメントし、本番で実力を発揮するために準備を怠らないことを明かした。

クリスティアーノ・ロナウドの練習の鬼っぷりは結構有名です。筋トレをし過ぎてコーチに止められても、ジムに潜入してまで筋トレしていたとか。

クリスティアーノ・ロナウドの筋トレメニュー

・スクワット(150kg) 6回×4セット
・ベンチプレス(100kg) 6回×4セット
・クリーン(75kg) 6回×4セット
・レッグプレス(200kg) 6回×4セット
・デッドリフト(200kg) 6回×4セット
・ショルダープレス(70kg) 6回×4セット
・アームカール(30kg) 6回×4セット
・トライセプスエクステンション(30kg) 6回×4セット
・ラットプルダウン(75kg) 6回×4セット

彼の少年時代の練習方法は「自分より、何歳も年上の人に交じって練習する」ということがひとつだったみたいですね。

クリスティアーノロナウドが無回転を蹴るようになるまでにこんな練習があったのですね。

かつてレアル・マドリードでプレーしたジネディーヌ・ジダンはクリスティアーノ・ロナウドを「努力家」と称し、自身の現役時代よりも優れていると賞賛している

1