1. まとめトップ

またか…凶悪犯罪者が多い“酒鬼薔薇世代”とは

目立った凶悪犯罪者が多い“酒鬼薔薇世代”と呼ばれる1982年うまれの犯罪者についてまとめました。

更新日: 2018年09月29日

64 お気に入り 1417049 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

firk12さん

●1982年生まれ

神戸少年事件の少年が犯行声明文で酒鬼薔薇を名乗った事にちなむ、名称。
凶悪犯罪者に1982年(昭和57年度)生まれが多いことからこう呼ばれるようになった。
2000年前後に少年犯罪を犯した17歳前後(1982年生まれから1985年生まれ)の少年をキレル17歳と呼ばれた。

酒鬼薔薇聖斗

1997年(平成9年)に兵庫県神戸市須磨区で発生した当時14歳の中学生による連続殺傷事件。
別名『酒鬼薔薇事件』『酒鬼薔薇聖斗(さかきばらせいと)事件』とも呼ばれる。この事件で、2名が死亡し、3名が重軽傷を負った。

少年法改正、こども110番の家が設置されるようになる等、社会的に大きな影響を与えた事件

2005年関東医療少年院を本退院、現在は一般人として生活している

加藤智大

2008年(平成20年)に東京都千代田区外神田(秋葉原)で発生した通り魔事件。
7人が死亡、10人が負傷した。
マスメディアや本件に言及した書籍においては秋葉原無差別殺傷事件と呼ばれることが多い。

直接的な動機としては掲示板荒らしに対する抗議の表明、根本的な原因としては不満に対して多様な観点から熟慮せず、話し合いで解決しようとせず、自分の意思を相手に分からせるために、直接的行動で相手の望まないことをしたり、相手との関係を遮断したり、暴力を行使する考え方、間接的な原因として母の養育方法が前記のような加藤の人格形成に影響を与えたと認定された。

2015年に死刑が確定。

ネオ麦茶

2000年(平成12年)に発生したバス乗っ取り(バスジャック)事件。
西鉄高速バス乗っ取り事件や佐賀バスジャック事件、さらにインターネット掲示板の2ちゃんねるに犯行予告の書き込みが残されており、その時のハンドルネームからネオむぎ茶事件(ネオ麦茶事件)とも呼ばれる。

1997年の神戸事件の犯人を崇拝し、3月に「酒鬼薔薇聖斗」と署名した犯行予告を各所に送っていた。

またバスジャック直前に発生した同年代の少年による豊川市事件については事件直前の手記で人殺しをした少年を賛美する記述をしている。
「すばらしい!! しかも僕と同い年の17歳とか……? よい風潮だ。40ヵ所も刺した時の快感はどうだった!?
僕も今日実行する。なんか運命的なものを君とは感じるよ。年も一緒、学校では優等生……ハハハ」

約3カ月前に発覚した新潟少女監禁事件と共に、引きこもり問題の社会的認知度を大きく上昇させた。

金川真大

2008年3月19日と同23日に、茨城県土浦市で発生した通り魔事件。
刃物を持った男が相次いで人を刺し、2人が死亡、7人が重傷を負った。

2013年2月21日、谷垣禎一法務大臣の命令により、奈良小1女児殺害事件の死刑囚他1名と同日、東京拘置所で死刑が執行された。満29歳没。

死刑にされて死ぬための手段として犯行に及んだ事が多くの話題となった。

殺人の体験をしてみたかった

2000年(平成12年)5月1日、愛知県豊川市で発生した少年による殺人事件。

犯人の高校生は、動機として「殺人の体験をしてみたかった(人を殺してみたかった)」「未来のある人は避けたかったので老女を狙った」と供述。

2000年12月26日に名古屋家庭裁判所は医療少年院送付の保護処分が決定した。

山地悠紀夫

中学卒業後の2000年7月29日、山口市内の自宅アパートで金属バットで母親を殺害した。当時16歳。
その後少年院を退院し、2005年11月17日に、飲食店店員の姉妹を刺殺した事件。

2009年7月28日、大阪拘置所にて死刑が執行された。25歳没。

刺す度に性的興奮が訪れたという異常性をもっていた。

その他にも「人を殺す事と物を壊す事は全く同じ事」などと述べた。

片山祐輔

2012年の初夏から秋にかけて、日本において、犯人がインターネットの電子掲示板を介して、他者のパソコンを遠隔操作し、
これを踏み台として襲撃や殺人などの犯罪予告を行ったサイバー犯罪。遠隔操作ウイルス事件(とも呼ばれる。

1 2